スポンサーリンク

2017年10月07日

プレミアムファイルの新作vo.4「インレー治療・ポジショニング」、vo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」が公開しました

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

平成29年10月1日より、プレミアムファイルvo.4「インレー治療・ポジショニング」vo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」が公開となりました。

なんと2つ同時リリースとなります。

それは、この2つのファイルが「形成」を司るファイルである為です。

形成とは、‘歯を削って形を作る事’で、

被せ物や詰め物を作る際に、それらがきちんと入るために行なう治療行為の1つです。

<形成>

download.jpg

しかし、

ただ、それだけではないのです。

形成した後、歯型を採り、模型におこされるわけですが、

<形成後模型になる>

images.jpg

その模型は、

他の歯科医師衛生士さんも歯科助手さんも、技工士さんも

皆が見るわけです

<皆が見る>

download.jpg

たとえば、下の写真を見比べてみましょう。

<形成例1>

IMG_1419.JPG


<形成例2>

images.jpg

形成1はわざと凸凹にしてありますが、もしもこの二つの模型を見比べた人がいたら、

明らかに、形成例2を形作った歯科医師先生の方が‘器用’と感じるかと思います。

少し大げさな例かもしれませんが、形成1を形作った歯科医師先生の場合、周りの人は治療されたくない、歯をボロボロにされてはたまらないと感じる方もいらっしゃるかと思います。

スタッフの方にはこんな形成をされてはたまらない・患者さんがかわいそうとお思いになるかもしれませんね。

そうなのです。

形成は歯科医師としての“腕”周りからは計られてしまうのです。

歯科医師の腕の指標となることは、他にもたくさんあることは、私は歯科医師なので、重々承知しておりますが、

周りはそうは見ません

歯科医師には器用さが求められることは、一般的な見解であり、他に知識などよくわからないことを言われても、自分の方が器用かもと思えば、あまり言っていることも説得力をなくすものです。

セカンドドクターにしても同じなのでご注意いただければと思います

結構な頻度で、形成の下手な先生へは、ついていきたくないというのが本音であったりするので恐ろしいですね。

色々とお話してきましたが、「形成」は歯科医師の評価につながることが多いということです。

かくゆう私は、、

形成が下手でありました。

現在私は、審美歯科医として毎日形成治療をしておりますし、技工士さんが他の歯科医院の参考にと見学にしにいらっしゃるくらいですから、誰もそう言っても信じる人はいませんが、

証拠があります。

それは、私が元来“左利き”であるということです。

歯科ユニットは右利き用に作ってありますから、左利きの先生も利き手と反対の右手で形成をしなければなりません。

私の経験から、どんなに器用で通っていても、利き手と反対では、パフォーマンスは10分の1くらいになります

信じられなければ一度、右利きの方は、左手で診療を行ってみれば、すぐにお分かりになるかと思います。

実際とても苦労致しました。

でも、歯科医師であるために“あきらめるわけにはいかなかった”です。→プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事1/4「私の形成」について【プライド】

<プライド>

download.png

だから心から“願った”のです。

誰もが認めてくれるようになりたいと。→プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事4/4「形成」について【願い】

<願い>

download.jpg

そして、

今、その願いは叶っております

そして、そこには左利きというハンデを持っていてももしくはなかなかうまくいかなくてもあきらめずに出来るだけ臨床に則して練習すること、

つまり、“近似”プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事2/4「インレー治療」について【近似】

<近似>

IMG_1347.JPG



先輩の先生方からの学びである

“継承”プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事3/4「ポジショニング」について【継承】

<継承>

download.jpg

があったということを皆様へお伝えしたく、私事で恐縮でありますが、前回までこの4つの事柄をテーマに紹介記事を書かせていただきました。

今回リリースする“プレミアムファイル”はそうして出来ており、

私の制作したこの資料が皆様へもそうした意味を持てたらどんなに良いか

そんな“思いのたけ”を乗せております。

大変嬉しいことに先週の10月1日から公開となっておりますが、

凄い反響でして、お申込みもどんどん受けております。

お申込みをされた方へ、この場を借りてお礼申し上げます

皆様の臨床に、この資料(プレミアムファイル)が助けになってくれることを願っております

なんといっても、利き手と反対の手でも、出来た方法です。

是非お試しあれ、です。

下記のリンクから、インターネット歯医者さん〜実践編〜にあります、プレミアムファイル紹介ページへ行けます。メルマガ登録された際に発行されるパスワードを入力すると内容が見れますので、是非ご検討いただければと思います。

プレミアムファイルvo.4「インレー治療・ポジショニング」

プレミアムファイルvo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」



プレミアムファイルvo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」より抜粋

<インレー形成:プレミアムファイルvo.4掲載>

IMG_1340.JPG

<ポジショニング:プレミアムファイルvo.4掲載>

IMG_1347.JPG

<支台歯形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0644.JPG

<前装冠形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0692.JPG

<ジャケット冠形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0715.JPG


ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。





インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 11:43 | Comment(0) | プレミアムファイルvo4・vo.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事4/4「形成」について【願い】

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

プレミアムファイルvo.4「インレー形成・ポジョニング」vo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」が完成しました。

しかしまだ公開されておりません

その前に営業記事といいますか、リリース前に4つの記事を書かせていただこうと思います。

今回は最後の4記事目となりまして、プレミアムファイルvo.5に掲載されております「形成」についてです。

プレミアムファイルvo.5では、題名にありますとおり、

支台歯形成(FMC)前装冠形成(硬質レジン前装冠)ジャケット冠形成(オールセラミック冠・ジルコニア冠など)

について、まとめたファイルが入っております。

<支台歯形成>

IMG_0644.JPG

<前装冠形成>

IMG_0692.JPG

<ジャケット冠形成>

IMG_0715.JPG

およそ、歯科治療にて行なう「形成」の種類を網羅しているかと思います。

今まで、インレー治療ポジショニングにも言及してきましたが、私が臨床で一番時間がかかったのが、この「形成」となります。

恥ずかしい話、数年かかりました。

そしてその間、色々な形成の上手い先生にコツを聞きに行きました

形成した模型を見て、この先生上手い!と思ったらその模型を手に持って聞きに行くということを繰り返していました

<上手い先生が形成した模型を持って直接聞きに行く>

images.jpg

そうやって得た情報がこのプレミアムファイルに込められております。

実際、形成の上手い先生に聞きにいきますと

中には、「よくわかんないけどこうするんだよ」という意見も多かったです

そんな意見を聞くと、あまり悩まずにきれいに形成出来ていいなあと思ったものです。

しかし、めげずに他の先生にも聞きに行き続け、練習を続けました。

その中でも、私の忘れられない言葉があります。

<忘れられない言葉>

images.jpg

それは、

「形成は、一筆書きで一回で形成するタイプの人と、細かく削って形を作る人がいる」

という言葉です。

この言葉を聞いた瞬間私は自分は一筆書きで一回で削るタイプではないなと直感しました。

<忘れられない言葉の内容とは?>

download.jpg

そして、そのことを教えてくれた、“その先生”は話を続けます

その先生:「私(女性の先生でした)は一筆書きで形成出来ないから、段階に分けて細かく削って形を作ってる」

この言葉を聞いた時、私は心の中で‘自分と一緒だ!’と思ったものですから、

私:「そ、それは細かくといいますと、どのように削ってるのですか?」

気づくと私は身を乗り出して、そう質問していました

そして、その先生は、「スライスカットをして、頬側と舌側のアンダーカットを除去して、最後に角を丸めると出来るよ」

と教えてくれたのです。

そうです。

ブログ記事:支台歯形成で書いた内容であります。→ブログ記事:支台歯形成

<ブログ:支台歯形成より>

IMG_0150.JPG

今回のプレミアムファイルvo.5さらにその方法を昇華した内容となります。

その先生はとてもきれいな形成をしていたものですから、私もこの方向で練習すればこの先生のようになれるかもしれないと、

ずっと悩んでいた私は、希望に満ち溢れたのを今でも覚えています。

その言葉を聞いたのは診療所の昼休みの時間でしたが、その時の診療所の風景まで覚えております。

ただ、

その一言を聞いただけで出来るようになれば世話はありません


はじめは、どのように段階に分けて良いのかどのように削ったら良いのかどこまでいったら次の段階に行って良いのか、がわからないのです。

<どうすれば良いのか?>

download.jpg

しかし、ご安心ください。このプレミアムファイルvo.5に、今度は私の言葉で全て載せました

支台歯形成だけではなく、前装冠形成とジャケット冠形成についても載っておりますし、

きれいな面を出すためにどうすればいいか?

練習の仕方はどうすれば良いか?

など、私の「形成」を司る全ての事柄をファイルしたといえると思います。

<プレミアムファイルvo.5より抜粋>

pf05-04.jpg

当院は、セラミック冠か安い為、審美歯科の側面が強く、私は来る日も来る日も毎日「形成」を行なっております。

あの一言を聞いてから10年、左利きで利き手と反対の手で形成しなければならず、

形成が苦手であった私は、

今では形成を‘生業’にしていると言っても過言ではありません。

おそらく通常よりも早く、きれいに形成出来ると思います。

そして、段階に分ける方法の良い所として、患者さんに対する削る衝撃が少ないです。

出血も少ないです。

そして、きれいな補綴物が入れば患者満足度も高いです。

おそらく、きちんとしたポジショニングも手伝って、

患者さんもスタッフも技工士さんも私の「形成」治療は上手いと思っていると思います。

私が歯科医師になった時、、

出来なくて、、

だから心から願った状態です。

<願い>

download.jpg

そうさせてくれた内容をこのプレミアムファイルvo.5に集約させました。

形成が苦手という方には、是非お勧めしたい内容ですし、

形成がそんなに苦手ではないという方も、スピードが早くなったり出血させなくなったり形成面がきれいになったり、するかと思います。

左利きの私でも右手で出来る方法ですので、おそらく誰でも出来る方法だと思います。

あの忘れられない言葉が、私の願いを叶えてくれたように、

このプレミアムファイルが皆様の願いを叶えてくれることを、心より願っております。

お申込みお待ちしております

そしていよいよ、

プレミアムファイルvo.4「インレー治療・ポジショニング」



プレミアムファイルvo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」

明日第一期リリースとして、期間は未定ですが

H29年10月1日の朝9時より限定100個ずつでリリースとなります。

超自信作といえます。是非お試し下さい

明日の朝9時よりインターネット歯医者さん〜実践編〜プレミアムファイルのページメルマガ会員になるともらえるパスワードで入れるようになります。

<プレミアムファイルの「準備中」が明日の朝9時に消える>

IMG_1392.JPG

<パスワードを入力するとプレミアムファイルページに入れる>

IMG_1397.JPG

そのプレミアムファイルページ内容お申し込みの仕方などが書かれております。

皆様からのお申込み、心よりお待ちしております。

ご不明な点がありましたら何なりとインターネット歯医者さん窓口→dent.marron1006@gmail.com
までご連絡下さいませ

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。



✳︎プレミアムファイルvo.4「インレー治療・ポジショニング」、プレミアムファイル「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」を手に入れるには、メルマガ登録が必要になります。

プレミアムファイルvo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」より抜粋

<インレー形成:プレミアムファイルvo.4掲載>

IMG_1340.JPG

<ポジショニング:プレミアムファイルvo.4掲載>

IMG_1347.JPG

<支台歯形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0644.JPG

<前装冠形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0692.JPG

<ジャケット冠形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0715.JPG


プレミアムファイルの公開はまだですが、ブログの目次や全ての動画が見れるなど他にも特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング現在1位!「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。







インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 14:00 | Comment(0) | プレミアムファイルvo4・vo.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事3/4「ポジショニング」について【継承】

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

プレミアムファイルvo.4「インレー形成・ポジョニング」vo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」が完成しました。

<vo.4「インレー治療・ポジショニング」より抜粋>

IMG_1363.JPG

しかしまだ公開されておりません

その前に営業記事といいますか、リリース前に4つの記事を書かせていただこうと思います。

今回は3記事目となりまして、「ポジショニング」についてです。

形成において、私が一番悩んだのは、ポジショニングについてでした。

おそらく通常であれば、その行為がやりやすい自然なフォームが皆さんはできるのでしょうが、

私は利き手と反対でやっていると、何をやってもやりにくいものですから、どうするとやりやすいのかもわからないとなります。

全てにおいていえる事ですが、ポジショニング大事であります。

野球などのスポーツに例えますと、フォームにあたります。

<フォーム>

download.jpg

フォームを見ただけでも上手いか下手かわかってしまったりします

そして、そのフォームというのは大抵、それを教えてくれた師匠に似るものです。

<師匠に似る>

download.jpg

歯科医でも同じで、私のフォーム、つまり今回ポジショニングと呼んでいるものは、よくブログにも登場する理事長先生から昔教わったものです。

ある時、私がタービンバーで頬を傷つけてしまった時に、理事長先生が私に

「何がいけなかったのか?」と聞きました。

私は、「見えていませんでした。注意が行き届いていませんでした。今後は、注意します。少なくとも同じところは傷つけません」と答えました。

理事長は、「僕にはまたやるように見えるね」と言いました。

私は反省してるし、これから気をつけると言っているのに、、という顔をしていましたら、理事長先生は話を続けました。

理事長:「僕最近ゴルフを始めたんだけど、まだ下手クソなんだよー。それで一緒に回ってる友達から、なんて言われたと思う?」

私:「うーん・・」





理事長:「お前が下手なの遠くからでもわかる。ってさ」

と笑いながらおっしゃっておりました

その後も話は続きます

理事長:「君も同じさ」

理事長:「ポジショニングを間違っている」

理事長:「これから話す事を知れば、言っている意味がわかると思うよ」

といって、‘ポジショニング’を教えてくれました

その教えてくれた内容をこのプレミアムファイルに載せました

私は実際にこのポジショニング方法で口腔内を傷つけたことはありません

形成もやりやすいですし、アシスタントさんもつきやすいと言ってくれます。

以前ポジショニングについて記事を書きました。→ブログ記事:「ポジショニング」

今回は、それらに加えてミラーテクニックなども含めて、写真で細かく説明してある上に、動画撮影も加えました。

<写真で細かく説明>

IMG_1363.JPG

なんと、友人に動画の編集を頼みまして、下の写真のような2画面同時再生が出来るように致しました。

<形成とポジショニングが同時に見れる>

IMG_1347.JPG

こちらはの2画面はリアルタイムで繋がっておりましてポジショニングを確認しながら形成も同時に見れるという優れものです。

この状態で、上下左右の6番のインレー形成を説明をしながら行いました

これでバッチリ、ポジショニングについてもインレー形成が学べると思います。

こちらはプレミアムファイルvo.4「インレー治療・ポジショニング」にファイリングされております。

是非お試しあれ、です。

次回は最後の4記事目

プレミアムファイルvo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」について記事を書きます。

よろしくお願い致します。

✳︎プレミアムファイルvo.4「インレー治療・ポジショニング」、プレミアムファイル「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」を手に入れるには、メルマガ登録が必要になります。

プレミアムファイルvo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」より抜粋

<インレー形成>

IMG_1340.JPG

<支台歯形成>

IMG_0644.JPG

<前装冠形成>

IMG_0692.JPG

<ジャケット冠形成>

IMG_0715.JPG


プレミアムファイルの公開はまだですが、ブログの目次や全ての動画が見れるなど他にも特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング現在1位!「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。




インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 10:44 | Comment(0) | プレミアムファイルvo4・vo.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。