スポンサーリンク

2016年10月04日

【プレミアムファイル】vo.1「治療計画の立て方」について2/4(光明)



この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

※こちらは紹介動画もあります。是非ご視聴くだされば嬉しいです★プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」紹介動画

★プレミアムファイルセミナーの紹介動画はこちら



前回、私が治療計画を真剣に学ぼうと思った時の私の状況をお伝えしました。

その時、私は早く上手くならねば、出来るようにならねば、という気持ちから技術の練習をひたすらしておりました。

しかし、左利きなのでなかなか上手くなりません。→ブログ:「左利き歯医者」

私には、人よりも沢山の練習が必要であったので、それに忙しく、忘れていたのですが、

‘技術を練習する’というのは当たり前の事でもあります。

時には、社会では「練習しなきゃ出来ないの?センスないんだね〜。」「自分はこの位、はじめてやった時から出来た」くらいに言われる事だってあります。

悔しくて、でも歯医者は辞めれないし、出来ないのだから練習しなきゃと頑張っておりました。

でもこんなに頑張っているのに、、という気持ちは拭えませんでした。

そんな時、ある友人が言っていた言葉私は光明を見出しました

<光明>

光明

今回はそのお話からさせていただきます。

卒業したてはちりぢりになった同期と定期的に顔を合わせる時があります。

みんな職場はどうか?どんな事を学んだか?色々と話します。

そんな時、歯医者の腕ってどこにあるだろう?

という話になりました。

ある友人は「技術」といいました。

またある友人は「口」(つまり患者説明)

と言いました。

私はそれらを聞きながら、

うーん、どちらも自分にはないなあ・・なんて事を思っていました

しかし、ある1人が「俺は治療計画だと思う。」と言いました。

さらに、「俺は、治療計画がしっかりしている先生について行きたいし、学びたい」と言いました。

私は表には出さなかったですが、

ガーンとショックを受けました。

そ、そうだよね。

と言ったあと、しばらく黙った覚えがあります。

私の中で、パラダイムシフトが起こっていました。

<パラダイムシフト例:下の写真は若い女性にも老婆にも見える。同じ事象に対して物のとらえ方が変わるということ>


パラダイムシフトの例


今までとらわれていたもの自分の左利きというハンデや上手く現場が見えず、歯車になることが出来ないという点で悩んでいましたが、

それらすべてが解決し、自分もこの方向で努力すれば良い歯医者になれるのでは、と道が開ける予感がしたのです。

つまり、まず治療計画があり、その治療を遂行していくために、技術の研鑽をしていく

そもそもそうなはずです。

治療技術が出来るようになってから治療計画を考えるというのではなく、ということです

私のこの考えの変化は、結果的にも私を良い方向に導きました

卒業2年目の夏に、私は友人の言葉から治療計画を真剣に学ぼうと決意したわけですが、

その1年後の卒業3年目の夏には、1日40人を診療出来るようになりました。

治療計画という道に迷わなければ、診療も早くなります

居場所のなかった職場では、なくてはならない存在になりました。

技術の研鑽もしましたが、全てのはじまりはこの治療計画を真剣に学ぼうとしたことがきっかけだと今でも思っています。

治療計画を学ぶのに、なんのハンデもないですね。そして、努力した分、腕は飛躍的に上がります。

しかし、方法が確立されていない分野なので、教科書にあまり載っていません

ではどのように治療計画を学んだのか?

次回、私がどのように治療計画を学んだのかを御紹介します。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

✳︎プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」を手に入れるには、メルマガ登録が必要になります。

<プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」より抜粋>

・初診

初診



☆治療計画



・治療完了

治療完了


プレミアムファイルのページは、インターネット歯医者さん〜実践編〜より無料メルマガ登録をした際に自動返信されるパスワードを入力すると閲覧することが出来ます。無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」




インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての一般歯科動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

無料メルマガの説明動画はこちら

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 09:00 | Comment(0) | プレミアムファイルvo.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

【プレミアムファイル】vo.1「治療計画の立て方」について1/4(はじめに)



この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


以前ブログ記事でお話ししました、「治療計画の立て方」私なりの解答が完成しました。

自分で言うのもあれですが、なかなか良い資料が出来ましたので、プレミアムファイルというカテゴリを作り、プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」と命名しようと思います。

※こちらは紹介動画もあります。是非ご視聴くだされば嬉しいです★プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」紹介動画

★プレミアムファイルセミナーの紹介動画はこちら

<プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」>

プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」

こちらは、

H28.7.24日に行ないました第2回セミナー「治療計画の立て方」のまとめ資料となります。

<第2回セミナー「治療計画の立て方」>

第2回セミナー「治療計画の立て方」

大変好評→治療計画セミナー受講者の感想をいただきまして、ありがたかったのですが、色々な課題も残ったと私は感じております。

というのも、まず今回のセミナーでは出席したいが、様々な理由で出席出来ないという御連絡を受けたことが一つ

そして、セミナー事態も難しかったというお声もいただきました。

セミナーを受けれなかった方にもセミナーを受けた方にも役に立つ資料を作る事が出来れば

皆喜んでくれるのでは、という気持ちで、

セミナー終了後から、今まで作成をしておりました。

普段のブログや動画を更新しながら、もちろん診療もしてですね、空いた時間を使いコツコツと作成しておりました。

そして、出来たのが、このプレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」ですが、

まだ公開となっておりません

公開する前に、皆様へ営業記事と言いますか、なぜ私が治療計画に対してこだわるのか4回に渡りお伝えしたいと思います。

今回は一回目となります。よろしくお願い致します。

私が治療計画を真剣に学ぼうと思った時は、歯科医師になって2年目の夏でありました。

いきなり思い出話から始まりますが、それは

研修医を卒業して、はじめて開業医に勤めている時でした。

多くの若い先生方が感じてらっしゃることだと思いますが、

歯科大学を卒業したのみでは、歯科治療出来ません

そして、研修を一年やったのみでは、開業医では使い物になりません

そうではない先生もいらっしゃるかとは思いますが、少なくとも私はそうでした。

はじめて開業医院に勤めた時はカルチャーショックを受けたものです。

速い、、

全てが速い、、

全然ついていけないどころか、何がなんだかわからない、、

といった感じです。

今まで実習で一日がかりで学んだ事が、10分くらいで過ぎ去っていき

それがノンストップで続いていきます。

そして、院長やファーストドクターですが、

怖い、、

スタッフの皆さんも、

怖い、、

現場の雰囲気がピリピリしています。

皆さん患者さんへは優しいですが、

使えないセカンドドクターが入ってきた日には、現場の雰囲気はさらにやばいことになります。

手際の問題で、印象練りが途中で固まってしまったなんて事があったら、印象を投げつけられたりも昔されました。

新人の助手さんや衛生士さんの場合は違います

しかし、ドクターなのに出来なかったら

なんで出来ないの?先生じゃないの?私達この人について行きたくない。

とスタッフの方々も思います。

安心して下さい。

私もそうでしたし、おそらく多かれ少なかれそういった新人ドクターが最初はほとんどです。

なぜか?

それは、ドクターといえど卒業してすぐは、単純に経験はあまり変わらないもしくは、経験のある助手さんの方がはるかに出来るからです。

しかし、患者さんはそう思ってくれないので、スタッフや院長の反応も仕方ないわけです。

出来るという事を要求されるのに、出来ない自分、さらにインレー形成一つとっても、すぐに出来るようになるというものでもないわけなので、

当然悩みますし、診療所は毎日ノンストップで診療しているので、自分はここにいても良いのか?というところまで追い詰められる事だってあります。

少なくとも私はそうでした。

私が、治療計画を真剣に学ぼうと思った卒業2年目の夏、

私には、何も持っているものはなかったです。

治療技術はもちろん、職場での居場所さえなかったです。

もっといいますと、お金もなかったですし、住んでいる場所も自分ではなく当時の彼女に用意してもらったものでした。→ブログ記事:「貧乏だった頃1/5」

本当に情けなかったですし、今でもその時の事を思い出すと、良いこともありましたが、やはりあの時に戻りたくないと心から思ってしまうくらいです。

そんな時です。

私が治療計画を真剣に学ぼうと思ったのは

情けなくて涙が出るような自分を変えようと、一念発起しました。

そこにはある言葉があったのです。

次回、その言葉を御紹介してどのように治療計画を学んだのかお話したいと思います。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


✳︎プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」を手に入れるには、メルマガ登録が必要になります。

<プレミアムファイルvo.1「治療計画の立て方」より抜粋>

・初診

初診



☆治療計画



・治療完了

治療完了


プレミアムファイルのページは、インターネット歯医者さん〜実践編〜より無料メルマガ登録をした際に自動返信されるパスワードを入力すると閲覧することが出来ます。無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての一般歯科動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

無料メルマガの説明動画はこちら

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 09:36 | Comment(0) | プレミアムファイルvo.1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。