スポンサーリンク

2015年07月05日

仕事ではなく人生です。1/2



この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

久しぶりの「思考編」です。

今日お伝えするマインドは、ふと最近人から聞いた言葉で、やる気が出たのでお伝えしたいと思います。

以下はイソップの童話なのですが、本題に入る前に引用したいと思います。

<イッソプ童話イメージ>

イッソプ童話イメージ

上の写真は、「アリとキリギリス」ですが、今回のお話は違います。

イソップの童話は街で建物を造っている人達に声をかけるところからはじまります。

その人に「あなたはなぜその仕事をしているのですか?」と声をかけるのです。

最初の一人は、不機嫌そうな顔で「そうしないと食べていけないからだ」といいます。

次の一人は、少し高揚した顔で「今月はこれで三軒目の建築だ。ぼろ儲けだよ」といいます。

最後の一人は、幸せそうな顔で「ここに立派な教会を建てるのです。そうした仕事に関われる事に誇りを持ってます」といったそうです。

もしもこのブログをお読みの方々が、どなたかに「どうしてその仕事をしているの?」と問いかけた場合

たいていこの三種類の答えが返ってくると思います。

そして、ご自身にも問いかけてみて下さい。

「どうして自分はこの仕事をしているのだろうか?」と。

そして、自分はこの3種類の答えのうち、どれに当たるでしょうか?

今回の思考編は続きます。次回までほんの少し時間をとって考えていただけると嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての一般歯科動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

無料メルマガの説明動画はこちら

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 19:30 | Comment(0) | 思考編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

頭一つ出るには



この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は「思考編」になります。

えらそうにと私自身も思いますが、このブログをお読みの方には、「頭一つ出て欲しい」のです。

頭一つ出ると何がいいのか?

それは見える景色が違うということです。

私のイメージとしては、雲の中からヒョコッと頭一つ出した状態です。


そこには青空が広がって、みんなには見えない景色が見えます。

<青空>

青空


雲の中にいると安心はします。みんなと一緒に足並みを揃えていると安心はします。

しかし視界は狭いし、ごった返していて窮屈にも感じます。イメージはまさに雲の中です。

しかし、その中でもがいているとある時ヒョコッと雲の中から頭一つ出せる時があります。

その景色を是非ブログをお読みの皆様にも見ていただきたいと思っています。


頭一つ出るには、他人を蹴落としてても同じ雲の中のままです。

一直線に上へ向かわなければなりません。


私が卒業2年目の時、思考編でよく登場する、おなじみの理事長先生からよく次のように言われていました。

「頭一つ出ることが大事だよ。勝つとか負けるとかじゃなく、頭一つ出ることが大事なんだよ」

と。その時は何が大事なのかわからなかったのですが、その後私も頑張りましたので、後ほど知ることになります。

世の中を見る景色が違って見えた時になるほどこれが理事長先生が言ってたことかと納得しました。

はじめて私が頭一つ出て、見える景色が違う事を感じたのは

卒業3年目で分院長になった時でした。

同期を見渡しても、分院長をやっている人はいませんでした。

次に見える景色が違うと感じたのは、

周りが自宅を購入するかどうか考えている時に、4階建て9世帯のRCマンションを建築した時でした。

現在でいうと、周りが歯科医院を開業する話で持ちきりな時に例えば私がその方向で行くのだったら、病院を建てます。

人と違う事をしようというのとは、少し違います。

思考を一足飛びさせるのです。

これが頭一つ出るために必要な事だと思います。

自分には出来ないと考えてしまう事ほどもったいないことはないですね。

少し突拍子もない事だって、やってみると出来たりします。

是非、‘出来る’と思っていただきたく思います。

「インターネット歯医者さん」のテーマである

思考→行動→結果です。

思考は現実になります。

「これが出来たら凄いよなということを考えて行動すること」

自分でも本当にえらそうにと思いますが、是非、お試しあれです。


ここまでお読みいただきありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての一般歯科動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

無料メルマガの説明動画はこちら

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 23:28 | Comment(0) | 思考編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

マイナスの動機とプラスの動機3/3(動機付け)



この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

前回の続きです。

前回は歯科医院に継続的に通うのは、患者さんにとっても良いはずですがなかなか自発的に定期的に通う方はいません。

それを、マイナスの動機とプラスの動機という観点から書きました。

継続的に通われる方の特徴として、プラスの動機を持っているとしました。

今回の思考編の核となりまして、もしもお読みでなかったらこちらから読んでみて下さい。

マイナスの動機とプラスの動機2


そして今回は、どうすればプラスの動機を与えられるのかについて書いていきたいと思います。

それは簡単です。いつも通ってくれる患者さんが必ずどの医院でもおられるはずです。


その患者さんがなぜ定期的に通ってくれているのかを良く考えることが答えです。

おそらく、どうすればプラスの動機を与えられるのかわかるはずです。

何人も検証していくと、色々な場面でいつのまにかプラスの動機を与えている事がわかるはずです。

それをきちんとフィートバックしていくのが一番の近道です。

少し抽象的過ぎたので、もう少し具体的にお話しします。

その定期的に通ってくれている患者さんは、先生の事をどう思っているでしょうか?

スタッフの事は?医院の事は?

それらを列記してみましょう。わからなければ患者さんに聞いてみましょう。

大事な事はなぜ通ってくれるのか、それを知りたいと思う、‘思考’です。

それで良いと思います。本当に実際やってみることをお勧めいたします。医療者としての(他の職業でも同じだと思います)喜びを感じられると思います。是非お試しあれです。

具体的な方法は技術編でも書いていきますし、そのうちまとめられたらいいなと思います。

一つの方法としては以前コミュニティケーション1で書きました。ご参考になればと思います。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。



インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての一般歯科動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

無料メルマガの説明動画はこちら

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 21:40 | Comment(0) | 思考編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。