スポンサーリンク

2017年10月28日

感染根管治療5:「ガッタパーチャポイントを溶かす液・シーラーを溶かす液」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

前回、根管充填材の除去の教科書的な概要を書きました。→感染根管治療4「根管充填剤はなぜ取れづらいのか」

まとめますと、GPソルベントにより、ガッターパーチャポイントを溶かしながら除去していくというものでした。



download.jpg

download.jpg

しかし、それでも除去出来ますが、なかなか大変かと思います。

それは前回のブログでもお話ししました、‘シーラー’が固まっておりそれなりの強度歯質接着性を有するからであると考えられます。

それは、意外と手用のファイルなどの手用器具でとるには大変なわけです。

そこで私が工夫してみたことは、‘シーラーの液’を利用する方法です。

<シーラーの液>

01.jpg

images.jpg

ここからは、どの教科書でも私はみたことがないですし、合っているのかどうかは証明されていないお話なので、あくまで参考としてお聞き下さい

皆様もお試しいただければと思うのですが、

シーラーとは、下の写真のように、粉と液がありまして、

<粉と液>

images.jpg

その二つを混ぜて、練ります。

<練ります>

images.jpg

そして、ガッタパーチャポイントにつけて根管充填していくわけですが、

<根管充填>

images.jpg

例えば根管充填を行なった後、練ったシーラーが余ると思います。

それを数時間放置していると固まります。

<練ったシーラーが固まる>

images.jpg

そこに、再度シーラーの液を垂らして練ってみて下さい

<シーラーの液を加えて再度練ってみる>

images.jpg

すると、固まっていたシーラーがまた復活といいますか、柔らかくなりまだ硬化していない状態に戻るのです。

つまり‘シーラーの液’を固まっているシーラーに加えると‘溶ける’もしくは“柔らかくなる”ということです。

ガッターパーチャポイントは‘GPソルベント’で溶かして

固まったシーラーは‘シーラーの液’で溶ける

ということです。

根管充填材は、ガッターパーチャポイントとシーラーで出来ていますので、

これで両方溶かすことが出来ますね。

いかがでしょうか?これは利用出来そうだと私は感じたわけです。

それらも含めて、次回以降実際の根管充填材の除去の仕方をご紹介していきます

ここまでお読み頂きありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 11:40 | Comment(0) | 感染根管治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。