スポンサーリンク

2016年09月08日

患者説明・コミュニケーション4「必ず視覚効果を入れる」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


前回、声のトーンについて書きました。

次に、いよいよ話し方(内容)か?と思いきやまだその前に大事なことがあります。

それは、

視覚効果を必ず入れるようにする。

<視覚効果を入れる>

視覚効果を入れる

ということです。

同じ内容の話を聞かされたとした際、その人の理解度を完全に理解した場合を10とすると、

視覚なし2

・視覚あり8

私の感覚としては、数値化するとこのような感じです。

なにか論文などの裏付けがあるわけではありませんが、

こと医学的なよくわからない話を視覚効果なしで患者さんに伝えるのは、至難の技です

といいますか、そちらを頑張る前に、使いましょう‘視覚効果’をというわけで、今回ブログを書くことに致しました。

当院では、全ユニットの前に、テレビが設置されておりまして、レントゲン口腔内顕微鏡治療説明アニメーションが見れるようになっております。

<テレビ設置>

テレビ設置

<レントゲン説明>

レントゲン説明

<顕微鏡>

顕微鏡

顕微鏡

<治療アニメーション>

治療アニメーション

<口腔内カメラ>

口腔内カメラ

<歯周病スクリーニング検査>

歯周病スクリーニング検査

<ビックミラー>

ビックミラー

<デモ模型>

デモ模型


など、何かにつけて‘視覚効果’を使っています。

一発で患者さんは理解してくれます。

あと、「インターネット歯医者さん〜実践編〜」の動画でもそのように説明することがありますが、紙に絵を描いて説明すること事も多いです。→例)パーフォレーションしない為に知っておく情報(座学)

<絵を説明に使う>

絵を説明に使う

iPadを使用する先生もいますね。



iPad等を説明に使う

このように‘視覚効果’を使うやり方はたくさんありますので、是非とも参考にしてみて下さい。

極端な話、この‘視覚効果’を使って患者さんにお見せした後からしか、こちらの話は伝わっていないぐらいに考えて良いと思います。

右下奥歯に虫歯があります。治療法は・・と口頭で伝えてもあまり伝わらないです。

まず‘視覚効果’として、下の写真の状態をお見せして、

<歯と歯の間の虫歯の見え方>

歯と歯の間の虫歯の見え方

それから、この虫歯を治すには・・と説明した方が良くわかるのと同じです。

‘視覚効果’を使うには、一旦患者さんの目に見える形に落とし込まないといけないため、つい忙しいとおざなりになりがちなのですが、


コミュニケーションの上で、

必ずなんらかの形で患者さんの目で見てもらうということを念頭に入れていただければと思います。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 08:39 | Comment(0) | 患者説明・コミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。