スポンサーリンク

2016年08月01日

CR治療22/28「形態修正(スーパーファインの当て方・動かし方)」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画「CR治療」


前回は、CR治療の形態修正第一段階である、スーパーファインにて、マージン部分のオーバーの除去する際のバーの‘角度’について記事にしました。

今回は、‘スーパーファインの動かし方’です。

こちらは、わざわざ記事にまとめるのはどうかなと思ったのですが、

私が苦労したので、一つの記事にまとめさせていただきたいと思います。

実は私は、昔は形成面がきれいになるかなと、スーパーファインを何度か使った後、まったく使っていませんでした。

それは、最初に使ってみて、使いづらいと感じて、そのまま使わずじまいになっていたのです。

しかし、私はスーパーファインの使い方を間違っていただけでした。

通常のダイヤモンドがバーについてる‘バー’とダイヤモンドがついていない‘スーパーファイン’

<ダイヤモンドバー>

ダイヤモンドバー

<スーパーファイン>

スーパーファイン

タービンの動かし方の違いを皆様はご存知でしょうか?

とても単純なので、

ご存知の先生もいらっしゃると思いますが、

私は誰にも教えてもらったことはないですし、参考書でも今のところ読んだことはありません

なので、同じように考えていましたが、同じように動かすとスーパーファインは使いづらいのです。

どう使いづらいかともうしますと、例えば下の写真の状態のようにしたいとします。

<凸凹をなくし、スムースに形態修正したい>

凸凹をなくし、スムースに形態修正したい


すると、

スーパーファインは、タービンヘッドの動かし方を間違うと下の写真のように、あらぬ方向に入りこんでしまう時があるのです。

<あらぬ方向に削れてしまう>

あらぬ方向に削れてしまう

これは、スーパーファインの‘ダイヤモンドバーに比べて削れないけど、削れはする’という特性によるものです。

つまり極端に書きますと、下の写真のように凸凹したところをスーパーファインでスムースにならそうとすると凸凹に引っかった時に、あまり削れないので、あらぬ方向に進んでしまうのです。

<矢印の方向に進みたいが削れない>

矢印の方向に進みたいが削れない



<あらぬ方向に進んでしまう>

あらぬ方向に進んでしまう


上の状態に‘なりがち’なのです。

どういう時に上の状態になりやすいかというと

スーパーファインを行ったり来たりさせて動かした時です。

<行ったり来たりさせる×>

行ったり来たりさせる×

このように動かしていると、凸凹にひっかかった拍子に、グッとあらぬ方向にスーパーファインが入ってしまいます。

<凸凹に引っかかった拍子にあらぬ方向へ進んでしまう>

凸凹に引っかかった拍子にあらぬ方向へ進んでしまう


なので、どうすればいいかというと、一方向のみに動かすのです。

<一方向のみに動かす>

一方向のみに動かす

上の動かし方がスーパーファインの動かし方です。

上の図では、矢印があるので、わかりやすいですが、ふつうアシストなど周りから見る時は横から見ることになります。下の写真のように行ったり来たりタービンを動かしているように見えます

<横から見るとスーパーファインを行ったり来たりさせているように見える>

横から見るとスーパーファインを行ったり来たりさせているように見える

しかし、本当は一方向にしかスーパーファインを当てていないのです。


なので、見ているだけでは、ダイヤモンドバーの時と同じようにスーパーファインも動かしていると思ってしまいますので、

自分で編み出すもしくは、誰かから教えてもらわない限り、勘違いしてしまうのです。

私はそうでしたので、今回記事に致しました。

これは、実はタービンバーでも同じで、形成面をきれいにしたいと思ったら、一方向のみに当てたりします。

<タービンバーでも実は一方向のみ当てている時がある>

タービンバーでも実は一方向のみ当てている時がある

でも横から見ると行ったり来たりさせているように見えますよね。

しかし、形成面のきれいな先生はこのようなテクニックを人知れず使っていたりします

ので、色々な意味で、是非お試しあれ、です。

さて、前回と今回で、形態修正第一段階のスーパーファインの‘角度’‘動かし方’についてこれで記事に致しました。

次にどうなれば、形態修正第一段階が完了なのでしょうか?

次回、記事に致します。第一段階にて、なぜ「スーパーファイン」を使用するかの理由もわかると思います。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 08:04 | Comment(0) | CR治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。