スポンサーリンク

2016年07月29日

CR治療21/28「形態修正(スーパーファイン当てる角度について)」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画「CR治療」

「歯頸部CR治療」も今回で21回目ということで、ずいぶん長くやっているなあと私自身も感じます

処置にしたら、ものの10分で終わることなのですが、それをここまで、細かく説明しているところが、細かくしすぎかもと思いつつ、

インターネット歯医者さんらしいかもとも思っています。

では、今回も‘形態修正’について細かく説明していきたいと思います。

といいますのも、

通常、教科書や参考書では

「形態修正をする」と書いてあるだけです。

少し細かい参考書でも

「スーパーファインやカーボランダムポイントにて形態修正する」

と書いてあるだけかと思います。

それだけで出来る人もいるのかもしれませんが、私は正直、出来ませんでした

どこをどのような形にするのか?バーの動かし方は?バーの角度は?回転数は?歯茎縁下に入れる深さは?

ということが書いていないからです。

なので、そういったことに、留意して説明していきたいと思います。

形態修正は、2段階に分けて行なうのでした。→前回

第一段階は、「スーパーファイン」で歯肉側マージン部分のオーバーを除去するでした。

写真でいうと下の黒線の部分です。

<歯肉側面マージン部>

歯肉側面マージン部

ここは断面図でいうと下の状態です。下の写真の黒く塗った部分が、オーバー充填の部分です。

<オーバー部分の断面図>

オーバー部分の断面図

このオーバー部を削除するには、スーパーファインを当てる角度は下の写真のようにしましょう。

<当てる角度>

スーパーファインを当てる角度


つまり、歯茎の中に歯根があるわけですが、そこと移行的にするには、歯根の傾斜と同じくする必要があるわけです。

下の写真の矢印の方向に歯根は存在していくわけですから、

<歯根>

歯根

上の写真の矢印に添わせようとすると、バーの角度は当然、歯根の向きに合わせて傾斜させることになります。

まとめますと、バーの角度は、こうではなくこうです。

<バーの角度×>

バーの角度×

<バーの角度○>

バーの角度○

違いがお分かりになるかと思います。

そして、この時のバーの動かし方にも特徴があります。

スーパーファインは出来るだけ‘行ったり来たりさせない’ということです。

どういうことかを次回記事に致します。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 07:35 | Comment(0) | CR治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。