スポンサーリンク

2016年06月27日

CR治療17/28「歯頸部CR充填の第二段階の‘形’について」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画「CR治療」


前回、歯頸部CR充填の‘色’について書きました。

今回は、‘形’について記事を書こうと思います。

形で留意しなければならないのは、

1.隅角の角度を合わせる

2.歯とCRの境目を分かりづらくする

の二つに注目していただければと思います。

1.の隅角とはどこをいうかともうしますと、下の写真の矢印で囲った部分です。

<上の矢印:歯質の隅角、下の矢印:CRの隅角>

上の矢印:歯質の隅角、下の矢印:CRの隅角

この矢印の曲がった部分の角度を合わせるということです。

歯は動きませんので、歯の隅角に合わせて、CRも同じような角度になるように充填するわけです。

隅角の角度を正確に測るわけにはいきませんので、目分量ですが、

次のことは、抑えておくポイントかと思います。

歯を見ると、隅角の豊隆している部分は光が反射して下の写真のように見えます。

<隅角の豊隆の光の反射>

隅角の豊隆の光の反射

この‘光の帯’幅や見え方を充填するCRも同じくするようにすると、とても審美的に見えます。

また、

2.歯とCRの境目を分かりづらくする

は‘充填前の前処置’項目の‘ベベルをつける’で形成したベベルを利用して境目を分かりづらくします。

ではそれぞれをクリアする為に、どのようなやり方で実際充填していくのかを次回記事にまとめます。

よろしくお願い致します。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 07:16 | Comment(0) | CR治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。