スポンサーリンク

2016年03月01日

虫歯の削り方5/10「第一段階(タービンを使用しなければいけないわけ)」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画「虫歯除去」


では今回より、虫歯の削り方を使用するバーの種類三段階に分けて書いていきたいと思います。

今回は第一段階「タービン用の小さいラウンドバー」虫歯のエナメル質部分を除去する方法をご紹介させていただきます。

絵で書きますと下の写真の矢印の部分を除去していきます。

<タービン用のラウンドバーで削る部分>

タービン用のラウンドバーで削る部分

削る範囲にエナメル質がある場合は、コントラハンドピースでは削れません

<削る範囲にエナメル質が存在>

削る範囲にエナメル質

上の写真を見ていただくと、小さいラウンドバーでも直径というのが存在しますので、エナメル質と象牙質の境目を削る際は、バーはエナメル質・象牙質の両方に当たります

<ラウンドバーの直径(青い○)の範囲がエナメル質・象牙質にまたがる>

ラウンドバーの直径(青い○)の範囲がエナメル質・象牙質にまたがる

その際、コントラハンドピースではエナメル質部分が削れませんので、エナメル質が存在する部分より深くバーが削れていかないわけです

エナメル質が存在する部分までしか削れない

そして、以前ブログで書きました「虫歯の進行の仕方」を思い出して欲しいのですが、

虫歯はエナメル質から象牙質に侵入した時に、象牙質はエナメル質より柔らかいので、横に広がって進行していきます。

<虫歯は象牙質に到達すると横に広がる>

虫歯は象牙質に到達すると横に広がる

ですので、エナメル質と一緒に削らないと下の写真の矢印の部分が削れないわけです。

<エナメル質も一緒に削らないと、ここの虫歯が取りきれない>

エナメル質も一緒に削らないと、ここの虫歯が取りきれない

エナメル質も一緒に削る為には、タービンを使用するしかないわけですね。

<エナメル質部分が含まれる軟化象牙質はタービンで削る>

エナメル質部分が含まれる軟化象牙質はタービンで削る

これが第一段階です。

では、実際どのように削るかを次回お話していきます。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 08:16 | Comment(0) | 歯の削り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。