スポンサーリンク

2016年02月09日

怒られた時の対処法1/2

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回、「思考編」を挟みたいと思います。

突然ですが、学校では

「怒られることはしないように、怒られてはいけない」

というふうに教えられますね。

<学校で怒られるイメージ>

学校で怒られるイメージ

しかし

社会に出ると、もしくは歯科は職人肌的な側面が強いので、

セカンドドクターとして働いていると、ファーストドクターから怒られる事もあるかと思います

しかも、学生時代に怒られなかった人も社会に出ると例外なく怒られる時がきます

<怒られるイメージ>

怒られるイメージ

実の実は、学校と社会とは違うのです。

そんな事知っているよという方も多いかと思いますが、

なにが違うでしょうか?

誰だって怒られるのは嫌ですね。そこは同じです

私だってそうです。

怒られたくないから、頑張っている面も確かにあります。

ただ、社会に出ると、真面目にがんばっていても怒られる時があるのです

<真面目にやってても怒られる>

真面目にやってても怒られる

今まで自分が良かれと思っていたことであっても、、

それはしなくてもいい、だったり。

そんなことより、こっちを優先しろよ!優先順位が違うんだよ、優先順位が!

とか

おまえ、ふざけんなよ!

などと言われることだってあるかもしれません。(私は実際言われた事があります)

新社会人は多かれ少なかれ、これらの洗礼を受けます

今までの自分を否定されたようで、自分のアイデンティティはボロボロです。

学校で習った、悪い事をしているわけではないのに怒られるわけです

学校と社会ではルールが違いますので、多かれ少なかれ誰にでもこの洗礼はありますが、

特に注意ですが、学生時代優等生であればあるほど、ダメージを受けます

<怒られてダメージを受ける>

怒られてダメージを受ける

そして、

その時に、学校では怒られてはいけない、と教えられているので、

怒られた自分はダメなんだ、社会からいらないと言われているんだ、必要ない人間なんだ・・

と思う人がいます。

または、今まで真面目にやってきたのに・・、学生時代自分の方が上だと思っていたのにアイツの方が上司から気に入られてる。

しょせん、世渡りのうまいやつや、要領の良い人がうまくいくんだ。

世の中世知辛い、真面目に生きてるとバカをみる・・

と自暴自棄になる人もいます。

世の中や社会が悪い!と思う人もいます。

自分も悪い事をしてやろうと思う人もいるかもしれません。

中には、体調を崩し会社を辞める人もいます

皆、一様にやんごとなき理由があります

話を聞くと、そりゃあ仕方ない、大変だったねという事がほとんどです。

そして、私より年上の人生経験のある方に上からものを言うつもりは毛頭ありませんが、

私の見解をお伝えしますと、全部思わなくて良いです。

そう思わない為の対処法を次回お伝え致します

御興味のある方は、次回も読んでみて下さい。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。





インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 09:47 | Comment(0) | 思考編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。