スポンサーリンク

2015年11月12日

ポジショニング3/3(左手の入れ方 追加)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画「ポジショニング」

以前「ポジショニング(左手の入れ方)」というブログを書きました。

とてもご好評いただいておりまして、「この方法でやると、やりやすい、安全」などのお声をいただいております。

まだお読みでない場合は、是非復習なさっていただけるとうれしいです。→「ポジショニング(左手の入れ方)」

そして今回、追加したいポジショニングが二つあります。

それは、‘右上奥歯の舌側を形成する際のポジショニング’‘左下奥歯の根管治療や印象を採る際に行う時のポジショニング’です。

では、右上奥歯の舌側を形成する際のポジショニングからご紹介します。

<右上奥歯の舌側を形成する際のポジショニング>

右上奥歯の舌側を形成する際のポジショニング

タービンを持つ右手の薬指は対照歯もしくはその付近に置き、ミラーを写真のところに置きます。

ミラーテクニックと言われる手法ですが、このポジショニングで形成すると、グッと見やすくなり、正確に形成することがしやすくなると思います。

是非お試しあれです。

次に左下ですが、以前書きました「ポジショニング」ではミラーで頬を押す方法をお伝えしましたが、指を使う場合は下の写真のようにすると良いかと思います。

<左下の指を使う場合のポジショニング>

左下の指を使う場合のポジショニング

‘小指’を使うのです。

とても簡単に見やすくなりますよ。

こちらも是非お試しあれです。

次回よりポジショニングつながりで、「麻酔のポジショニング」について書いていきます。

歯科医師として、麻酔をする機会はたくさんあるといいますか、毎日していることかと思います。

こういったところをきちんとすることが私は大事なように感じます。

そして、麻酔が上手いと患者さんからも上手いと思ってもらえることが多いです。

次回より記事を書いていきますので是非お読みいただけるとありがたいです。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 11:09 | Comment(0) | ポジショニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。