スポンサーリンク

2015年11月10日

プロとアマチュアの違い2/2(思考編)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


前回の続きです。前回は、

理事長先生から

「ボクシングの試合で判定になった時、アマチュアの試合とプロの試合では何が違うかな?」

と聞かれたところでした。

さて、何が違うでしょうか?

いつもは答えられなくて、理事長先生を困らせている私が

珍しくこの問いには一発で答えられまして、

「プロの選手は、試合が終わり、判定が出るまで両選手とも両手を挙げて自分が勝ったとアピールします」

と答えました。

images.jpg

すると理事長先生は大きな声で

「そう!それだよ!!それがプロの姿だよ!」

と言いました。そして自分で納得するかのように、こう言いました。

両手を上げるんだ。それがプロの土俵に立つ資格みたいなものだよ。」

と。

そして下記の事を教えて下さいました。ここからは理事長先生談です。

理事長先生:「たとえば、患者さんが困って先生治して下さい。とくるよね。その時にウッと思っても、治療をはじめるからには、私に任せて下さいと言えなければならない。」

「だって君はプロなんだから。」

「そしてそれを実現するために、魂を燃やすんだ。背水の陣で臨むような、心意気で治療にも臨むんだ」

「それがプロだよ。」

とおっしゃっておりました。

そして、またいたずらっぽく

理事長:「でさ、あそこで型をとってる患者さんがいるでしょ。

型を外して、患者さんに見えるように型をマジマジ見るんだよ。そして、患者さんに聞こえるように


「うん、完ぺき!って言ってきて」


と言われました。


ふん、ふん、と聞いていた私も「えっ?」として心がひりつくというか矢面に立つ時のような、あの感じになりました。

心の中では「うお〜これが両手を上げろって意味かあ」と思っていると。

理事長先生は「なに?あのインレー入らなさそうなの?」と聞いてきました。

私は「あ、いえ、入ると思います。」

理事長先生は「じゃあいきましょう!」と言い、

ブログ「素直であること」でも書きましたが、ここでやるかやらないかです。

私は「わかりました。」と言って、患者さんの元に向かいました。

インレーセットなど、別に自慢出来る処置ではありませんが、インレーセットを終えた後、その患者さんは私をプロとしてみているのがわかりました。

素直であったからもらえたギフトですね。

実は私は同じようなやりとりを教えているドクターにもしております。

皆プロの顔をして帰ってくるものですから面白いです。

是非お試しあれ、です。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 14:57 | Comment(0) | 思考編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。