スポンサーリンク

2015年11月01日

インレー形成22/22(窩縁斜面形成)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画「インレー形成」


前回、窩縁斜面をつけることは重要だと思います。といった記事を書きました。→「窩縁斜面付与の意味」

今回は「窩縁斜面の形成」について書きたいと思います。

形成の仕方は簡単です。

カーボランダムポイントで窩縁を丸めます

<カーボランダムポイント>

カーボランダムポイント

<窩縁を丸める>

窩縁を丸める

実は、カーボランダムポイントを使うところがポイントです。

あくまで私のやり方なので、別にどんなバーを使っても良いと思います。

教科書には、タービンバーを使用すると書いてあることもあります。

ただ、私の場合はタービンバーを使いません

なぜなら、タービンバーを使うと窩縁斜面に凸凹が出来やすいからです。

一つ覚えておいた方が良いと思うことは、マージンはスムーズにする事が良い補綴物(インレーや冠)を作るコツです。

なぜなら、インレーを入れた歯がまた虫歯になる(二次カリエス)としたら、どこから虫歯になるでしょうか?

それは境目からですね。

<境目から虫歯菌が入り込む>

境目から虫歯菌が入り込む

たとえば、窩洞の内面が凸凹していても、二次カリエスとはあまり関係ありません

<窩洞の内面が凸凹していてもあまり二次カリエスには関係がない>

窩洞の内面が凸凹していてもあまり二次カリエスには関係がない

それは外界と接していないからです。

虫歯菌は外界からきます。

しかし、境目は外界と接しています。

ここに段差があれば容易に虫歯になるわけです。

<境目はスムースに>

境目はスムースに

窩縁斜面は、インレーの境目がきます。なので、スムースにした方が良いわけです。

その為に、研磨バーの一種であるカーボランダムポイントを使うわけです。

<カーボランダムポイント>

カーボランダムポイント

やり方は簡単です。

下の写真のようにカーボランダムポイントを咬合面窩洞の窩縁に当てて、角を丸めるだけです。

<窩縁を丸める>

窩縁を丸める

是非お試しあれです。

これにて、インレー形成が完了しました。

<インレー形成完了>

インレー形成完了1

インレー形成完了2

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 07:38 | Comment(0) | インレー形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。