スポンサーリンク

2015年10月27日

インレー形成21/22(窩縁斜面付与の意味)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画「インレー形成」


ではインレー形成の最後のステップです。

「窩縁斜面の付与」です。

窩縁斜面とは、インレー形成窩洞の下の写真の部分の尖っているところを下の図のように削る(歯科用語でベベルをつける)事です。

<窩縁斜面、横から見た図>

窩縁斜面、横から見た図

<窩縁斜面、上から見た図。斜線部分が窩縁斜面>

窩縁斜面、上から見た図

なぜ、窩縁斜面をつけるかというと、一番の理由は辺縁封鎖性の向上があげられるかと思います。

金属は一度溶かして、インレーの型に流し込んでから冷やして固める‘鋳造’という方法で作製します。

この際に鋳造収縮という金属の特性として、固まる際に少し収縮(小さく)なります。

ただ、少し小さくなるのは良いのです。


少なくともセメント(インレーを歯につける接着剤)の厚みくらいは小さくならないとインレーが入りません。

そうです。ピッタリでは入らないのです。

なので少し小さくなるのは入る入らないでは都合が良いです。

<インレー(赤)がインレー窩洞に入る。横から見た図>

インレー(赤)がインレー窩洞に入る

しかし

この部分はどうなるでしょうか?

<窩縁斜面をつけていない場合>

窩縁斜面をつけていない場合

咬合面のマージン部分とインレーの間に隙間ができてしまいます。

するとそこは(↓の部分)、表面はセメントとなりますので、強度があまりないので、噛む力でセメントが磨り減ったり、セメントが溶け出したり、

そこから虫歯菌が入ったりします。

窩縁斜面をつけた場合はどうでしょうか?

下の写真をみて下さればと思います。

<右図が窩縁斜面をつけた場合>

右図が窩縁斜面をつけた場合

表面が全て、金属でセメントが表面にはきていないですね。

この少しの事で、再度虫歯になるリスクを減らしてくれるわけです。

臨床的には窩縁斜面をつけなくてもインレーは入りますが、窩縁斜面にはこれほどの意味があるのでした。

<窩縁斜面ある、なし>

窩縁斜面ある、なし

是非、窩縁斜面の付与は行なう事をおすすめします。

では実際に次回「窩縁斜面の付与の仕方」を記事にします。

よろしくお願いします。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。



インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 11:03 | Comment(0) | インレー形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。