スポンサーリンク

2015年10月06日

インレー形成16/22(フレアー形成2)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画「インレー形成」


前回フレアー形成を行う意味についてお話ししました。→「フレアー形成1」

では今回はフレアー形成の仕方について書いていきます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
「インターネット歯医者さん〜実践編〜」


今までの「咬合面形成」できれば簡単です。

咬合面形成の「きれいな曲線を作るために」をお読みいただくと、下の写真のようにするタービンの動きがあったかと思います。

<曲線の作り方>

咬合面形成の曲線の作り方


下の写真のように、このタービンの動きを、タービンヘッドの向きを変えずに行うのでしたね。

<タービンヘッドの向きは変えずに、動かす>

タービンヘッドの向きは変えずに、動かす1

タービンヘッドの向きは変えずに、動かす2

タービンヘッドの向きは変えずに、動かす3


そしてフレアー形成は、この動きを下の写真の部分に行なうのです。

<フレアー形成>

フレアー形成はこの部分に

ポイントは下の写真の矢印の角張っているところがないようにします。

<角張っているところ>

角張っているところがないように

この角張っているところがあると、前回お話したように、インレー製作過程で適合不良を起こします。

なので下の写真は、フレアーになってはいますが、矢印の部分に角張っているところがありますのでまだフレアー形成が足りません。

<フレアー形成が足りない>

フレアー形成が足りない

下の写真のように角張っているところがないようにします。

<フレアー形成がきちんとなされている>

フレアー形成がきちんとなされている

きちんと丸まっていますね。少しの差ですが、とても大事だと思います。

これでフレアー形成は終わりです。


次回から「側室形成」について書いていきます。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。



インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 14:47 | Comment(0) | インレー形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。