スポンサーリンク

2015年09月26日

インレー形成13/22(きれいな曲線を形成するために)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画「インレー形成」

今回はインレーの咬合面のあのウネウネした形をつくる方法について書いていきたいと思います。

<インレーの咬合面ウネウネした形をしている>

インレーの咬合面ウネウネした形

きれいなインレー形成は隅角が丸いのが特徴です。

きれいな曲線が出ているという事は、今後技工士さんがインレーを作成する上でも、適合の良いインレーを患者さんに提供する上でも大切です。

ただ、下のインレー形成の写真をみてみて下さい。

<インレー形成>

インレー形成

この複雑な形を、しかも狭く、視界の悪い口の中で、

一筆書きで出来る人はあまりいないと思います

卒業したての時など、一筆書きで形成をしようと思ってしまいがちですが、たいていは失敗してしまいます。

それは、形成の時は同じところを何往復かさせて形成面をつくりますがその際に

‘同じところを同じように動かせない’からです。

形成のコツは、

‘同じところを同じように動かす’

という事がきれいな面をつくるコツです。

例えば、辺縁隆線付近の形成を例に写真を添付致します。

<同じところを同じように動かした場合>

同じところを同じように動かした場合

<同じところを同じように動かせなかった場合>

同じところを同じように動かせなかった場合

同じところを同じように何往復も出来れば、きれいな面が出来ますが、動かせなかった場合は、形成面がガタガタになってしまいます。

かといって、私でも下のインレー形成のウネウネした形を、何度も同じようにバーで往復させる事は自信がありません。

<インレー形成>

インレー形成

ただ、ここの範囲のみであったら、なんとか出来るのではないでしょうか?

<この範囲のみ、同じようにバーを往復させる>

同じようにバーを往復させる


これを全ての隅角に行います。

<全ての隅角に行う>

全ての隅角に行う

すると下の写真のようになります。

<全ての隅角に行った後>

全ての隅角に行った後

いかがでしょうか?

曲線が出来ましたね。なにも、一筆書きで曲線を作らなくて良いのです

まず、咬合面形成ガイドに沿って予防拡大したあとに、尖っているところを下の写真の動きで丸めれば、曲線が出来ます。

<隅角を丸める動き>

隅角を丸める動き1

隅角を丸める動き2

隅角を丸める動き3

これでインレー形成の大半が出来ました。

実はもうこれで、インレー入ります。

臨床的にはOKです。

しかし

よく見てみると下の写真のように隅角と隅角の間の窩底に段差があります。

<窩底の段差>

窩底の段差

これもきれいにならしたいですね。

次回「咬合面形成(仕上げ)」について書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。



インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 18:14 | Comment(0) | インレー形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。