スポンサーリンク

2015年09月20日

インレー形成10/22(練習方法)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。



前回は、インレー形成をしていて「窩底が平らになる感覚」について書いてきました。

今回から、「インレー形成の練習方法」をお伝えしていきたいと思います。

私は、左利きだったのでたくさん色んな方法で練習してきました

そして、気付いたのです。

「歯を手に持ってやってもあまり上手くならない」ということに。

<手で持ってやっても上手くならない>

手で持ってやっても上手くならない

是非お勧めしたいのは、「顎模型」を使って行う方法です。

<顎模型を使って練習する>

顎模型を使って練習する

マネキンがあれば、もちろんマネキンで練習するのが、一番実際に近いです。ただ、家や診療所にマネキンは普通はないと思います。

そんな時は「顎模型」を使って練習することをお勧め致します。


くれぐれも患者さんで練習しないようにしましょう

時々、全く練習しないで、ぶっつけ本番で患者さんに及ぶ人がいますが、私の中では医療者として‘なし’です。

少なくとも、私は全く練習しない人にタービンを持たせる事はしません。

といいますか、医療者として‘なし’なので私は一緒に仕事しません。

患者さんもそれを望んでいると思います。

なので‘練習’大事です。以前「宿題をしよう」という題のブログを書きましたが、この練習も宿題のうちと思っていただければと思います。

では実際の練習の仕方です。

顎模型を持ちます。その際に下の写真のように持たないようにしましょう。なぜなら実際この方向から歯を削る事はないからです。

<良くない持ち方>

良くない持ち方

上の写真は、上顎の最後方臼歯を遠心からみているわけですが、実際はあり得ません。

喉の奥から見ないとこの視界にはなりません。

練習するときは、視界がとても大事になります

実際に則して、ユニットを倒し、患者さんが口を開けた状態を想定しましょう。

そうすると、下の写真のように顎模型を持つ事になると思います。

<良い持ち方>

良い持ち方

ポイントは、顎模型をこの位置から動かさないようする事です。出来るだけ実際を再現します。

そうする事によって、タービンヘッドを咬合面に平行にすることが、インレー形成のコツなのですが、それらの平行感覚も身につきます

そしてこのまま、タービンを回すと水が出て、ユニットが水浸しになってしまいます。

なのでバケツを置きましょう。

<バケツを置く>

バケツを置く

これで練習すると良いと思います。

また、顎模型がない場合は石膏模型を使用しても良いです。人口歯も結構個数があるとコストがかかりますからね。

石膏模型を使う場合は、硬石膏でも良いですが、あれば超硬石膏が具合が良いです。

<超硬石膏模型>

超硬石膏模型

これで、練習の下準備が出来ました。よくこうやって練習していたことを思い出します。


次回より「お知らせ」をはさんで、実際に削っていきたいと思います。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 07:51 | Comment(0) | インレー形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。