スポンサーリンク

2015年07月22日

歯周病治療2/8(スケーリング)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

前回は歯周病の診断でした。

今回より「歯周病治療」について書いていきます。

まず第一にスケーリングですね。何につけてもスケーリングです。

スケーリングとは、下の写真の超音波スケーラーという器具を使い歯の清掃をすることです。

<超音波スケーラー>

超音波スケーラー

主に縁上歯石といって、歯肉から上についている、見ることができる歯石をとります。

<縁上歯石>

縁上歯石

先についている超音波チップは、先の太いものと細いものがあります。

<超音波チップ種類>

超音波チップ種類

そして、私のお勧めは断然細いチップです。1つはあった方がいいと思います。

なぜなら、細いので‘歯肉溝まで入る’というのと、‘貫通力がある’というのが理由です。

貫通力というのは、歯石に亀裂を入れて壊す力とでももうしましょうか。歯石の除去がしやすくなります。

ただ、使いやすい方のどちらを使っていただいても良いと思います。

また、細いチップは、扱い方を気をつけないと、患者さんが痛いことになりますので、注意が必要です。

そして、縁上歯石をとる事自体はさほど難しくありません

おそらく、誰でもとれるようになります。

大事な事は誰でも出来る事を、ただやるかそれともプラスαやるかです。

卒業してすぐは歯科医師もスケーリングばかりやらされます。

そこで、ただやる人とプラスαやる人とで随分差が出ます。

今回はそのプラスαに着目してお話して行きたいと思います。

久しぶりに「インターネット歯医者さん」の得意な教科書的ではないことですね。

スケーリングで大事な事は、歯石をとる以外に

1.コミュニケーションの構築

2.ポジショニングの確認

3.痛みを与えない事

4.きっちり時間通りにやること

です。

私は、新人歯科医師に、最初は大変かもしれないけど、上の4つを心がけながらやるように伝えます。


次回一つ一つについて説明をしていきます。

ここまでお読み頂きありがとうございました。



インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 22:33 | Comment(0) | 歯周病治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。