スポンサーリンク

2015年07月13日

歯周病治療1/8(診断)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

前回までは‘予防’ということに焦点を当ててきました。→「歯周病予防3」

今回より‘治療’について焦点を当てていきたいと思います。

治療というと、たとえば手術しているところを想像するかもしれませんが、一番最初にやらなければならない事があります。

それは‘診断’です。

歯周病の診断をして、はじめて治療法が決定します。

なので、今回は診断に焦点を当てて書いていきたいと思います。

歯周病の診断には、‘歯周基本検査表’というものを使用します。

<歯周基本検査表>

歯周基本検査表

歯周基本検査では、次の3つの事を検査します。

1.歯周ポケットの深さ

2.歯肉の炎症の有無

3.歯の動揺度

です。

まずプローブという器具で‘歯周ポケットの深さ’を測ります。

<プローブ実物>

プローブ実物

<プローブ図>

プローブ図

上の写真をみてみていただけると、メモリがふってあると思います。

製品にもよりますが、上の<プローブ図>ではメモリは下から、3mm、3mm、2mm、3mmとなっております。

このミリ数が歯周ポケットの深さとなります。

<歯周ポケット計測>

歯周ポケット計測

そして歯周病の進行度は下のように診断致します。

ポケット3mm以内を正常

ポケット4〜6mm未満を軽度から中等度の歯周病

ポケット6mm以上を中等度から重度の歯周病

となります。


次に‘歯肉の炎症の有無’ですがどのように判定するかともうしますとプローブで測った後、その歯肉から出血すれば有り、で出血がなければ無しとします。

<BOPの判定>

BOPの判定

そして最後の‘歯の動揺度検査’ですが

ピンセットにて歯を押さえ

横と下に力をかけます。その動く範囲によって動揺度1.2.3.4と分けられます。

<動揺度検査>

動揺度検査

下記にまとめます。

動揺度1:生理的動揺範囲内(0.2mm以内)

動揺度2:唇舌方向にわずかに動く(0.2〜1mm以内)

動揺度3:唇舌、近遠心方向へ動く(1.0〜2mm以内)

動揺度4:唇舌、近遠心、垂直方向へ動く(2.0mm以上)

となります。これらを組み合わせて歯周病の重症度を診断していくのです。

これらを‘歯周基本検査’といいます。

他にも歯周精密検査というのもあります。

<歯周精密検査>

歯周精密検査

歯周基本検査は1点法といって一番ポケットの深い部分の数字を記入していきますが、歯周病精密検査はそれを歯を6面にくぎり、6点全て記入してます。これを6点法といいます。

他にも、骨のなくなり方が垂直性の骨吸収なのか水平的骨吸収なのか。

<垂直的骨吸収、水平的骨吸収>

垂直的骨吸収、水平的骨吸収

何壁性の骨欠損なのかなど、審査項目は多岐に渡ります。

<壁性骨欠損>

壁性骨欠損

他にも、糖尿病があるかなど、全身所見もとても大事です。

<糖尿病と歯周病の関係>

糖尿病と歯周病の関係

これらはそれぞれ調べていただくとしてm(_ _)m

大事な事は、包括的にその患者さんの歯周病の状態をとらえる事です。

これは、歯周病という病気の特徴かなと思います。

なぜなら、後にもお伝えしますが、歯周病は全身に影響を及ぼします

逆にいうと、全身的な事が歯周病に関わっているのです。

その方の生活習慣、食生活、歯磨きの仕方、歯並び、咬合など口腔のことから自身の免疫力、唾液の性状、遺伝なども確実に関わります。その他、糖尿病や高血圧、骨粗鬆症、飲んでいる薬など全身の病気とも深い関わりがあります。

上記の診査をしていくとその人が歯周病に関して、どのような状態にあるのかがわかります。

それにより、歯周病の進行度、リスク、これからの予後を予想します。これらが(診断)にあたります。

そして今後どのように治療していくかを決めていくわけです。これが(治療)あたります。

順番は必ず、診断→治療です。

次回より、歯周病治療について書いて行きます。

歯周病治療は‘歯の清掃’が中心になります。次回はスケーリングについてです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。



インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 23:50 | Comment(0) | 歯周病治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。