スポンサーリンク

2015年07月10日

仕事ではなく人生です。2/2

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

前回の続きで、前回はイソップ童話を引用して、「どうして仕事をするの?」と問いかけるとたいてい3種類の答えが返ってきます。あなたならどうですか?という話でした。

別にどれがいいというわけではありません。

自身がどのようにしたいのかということです。

ただ、その時に考えていただきたいのは、


どんな事も人生の一部だということです。


考えてみれば、仕事をしている時間はとても長いですね。人生の一部と言ってよいと思います。

そして、次の事も考えてみていただきたく思います。


では遊んでる時間は?家族と過ごす時間は?


それも人生の一部ですよね。


では、大きな失敗をしてしまってリカバリーに追われている時は?あまり考えたくないですが、病気になってしまい闘病している時は?


それも人生の一部といえると思います。


さらに普通人生とはよばない事で、

洗濯物を干してる時は?洗い物している時は?通勤の電車に乗っている時は?


それも人生の一部と私は考えます。


そう考えると、本を読んでる時も、誰かと喋っている時も人生です。


では、悪いことをしている時は?

それが人生でいいんですか?という話です。


私が最終的に言いたいのは、全てに人生を感じてほしいということです。

人生というと、大きな事柄をイメージしますが、あえて断言すると

ささいな事もとるに足らないと思われる事も人生で間違いありません。

私は最近では医院のゴミを拾っている時もこれも人生と思っています。

そうしたら、今まで面倒だったゴミを拾うこともやる気がでました。

なんで自分がこんな事をと思っていた事も、積極的に思えるようになりました。

そして、‘自分は幸せになるな’とふと思ったわけです。

だから、ブログをお読みの皆様にもお伝えしようと思ったのです。

歯科でいえば、歯を削るのも人生、印象をとるのも人生、抜歯も人生です。

そういう先生っていいなと思うわけです。

また歯科に限らず、

そういう人は、その人自身も、周りも、相手も幸せにするように思います。(悪い人は別です)


そして、ここまでお読み頂いた皆様にもう一度前回のイソップの話を思い出して、もう一度自身に問いかけていただきたく思います。

あのイソップの話は、同じ事をしていても、その人その人で考えてる事は違うよという話です。

問題はそこに人生を感じているかだと私は思いました。


私は歯科医師という仕事を人生だと思います。

被せ物の噛み合わせを合わせている時も、患者さんの横で私は

「これは仕事ではなく人生」だと思っています。

どうかより多くの人に私の人生を感じていただいて、いいなと思われたらとても嬉しく思います。


私はまだ若いですし、元来慎重なので人生などとちょっとおこがましいかもとも思ってしまいますし、

ある人からみたら、ささいな私の人生かもしれませんが、


私は自分の人生なので本気です。


人生と思ってこの「インターネット歯医者さん」も書きます。

ブログをお読みの皆様もそう思っていただけると嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。



タグ:仕事 歯科 人生

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 10:25 | Comment(0) | 思考編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。