スポンサーリンク

2015年05月17日

歯周病3/7(なんで骨がなくなるの?1)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

前回歯周病って何?ということについて書きました。

歯周病とは歯を支える顎の骨がなくなってしまう病気という事を写真を交えて書きました。

今回は、ではなぜ骨がなくなってしまうのか?

について書いていきたいと思います。よろしくお願いします。

突然ですが、皆様の体は常に入れ替わっていることをご存知でしょうか。

皆様のほぼ全ての細胞は、古い細胞が壊されて、新しい細胞が作られています。

<骨芽細胞と破骨細胞>

骨芽細胞と破骨細胞

体の、例えば皮膚や筋肉、粘膜、などほぼ全ての組織は、一定の周期で新しい細胞に入れ替わっております。

この性質を‘リモデリング’といいます。

<リモデリング>

リモデリング

そして、入れ替わっても形は変わらないですね。

それは壊される量と新しく作られる量がイコールだからです。

壊される量=新しく作られる量

となっているわけです。

この事を‘恒常性’といいます。

<恒常性>

恒常性

この恒常性というのは、とても大事で例えば、

壊される量<新しく作られる量

となっているのは癌細胞です。

なのでモリモリと大きくなってしまうわけです。

そして歯周病で顎の骨がなくなってしまう現象

壊される量>新しく作られる量

となっている為に起こります。

骨の‘リモデリング’は骨を壊す細胞である「破骨細胞」と骨を作る細胞である「骨芽細胞」によって起こります。

<歯の周りにもいる骨芽細胞と破骨細胞>

歯の周りにもいる骨芽細胞と破骨細胞

つまり‘恒常性’が保たれている時は、

破骨細胞=骨芽細胞

となっており、骨は形を変えません。

<恒常性の維持>

恒常性の維持

歯周病の時は、

破骨細胞>骨芽細胞

となっているわけです。

新しく作られる量よりも壊される量が多い為に骨が減っていくのですね。

<健康な状態と歯周病の断面図>

健康な状態と歯周病の断面図


ではなぜ破骨細胞の方が多くなるのでしょうか?

それは‘炎症’が起こるからです。

<炎症の分解図>

炎症の分解図

歯周病とは歯肉炎と歯周炎の総称であるといったお話を「歯周病(概要)」にてお話致しました。

〜炎というのは、炎症が起こっているという事です。

この炎症が起こると何が起こるのかを次回書きたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 19:44 | Comment(0) | 歯周病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。