スポンサーリンク

2015年05月07日

補綴物セット8/8(本着 生活歯の場合)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:インターネット歯医者さん〜実践編〜の目次「患者さん」参照

前回は「本着」の接着剤について書いてきました。

今回は、神経の残っている歯の本着についてです。

神経の残っている歯には、リン酸亜鉛セメントはしみてしまうので、イオノタイトFなどのレジンセメントやしみが強い場合はグラスアイオノマーセメントを使用します。

接着剤は、所定の通り練るのみですので、

今回は「インターネット歯医者さん」の得意な教科書的ではないことに焦点を当てて書いて、この本着の項をおしまいにしたいと思います。


本着する際、エアーを吹きかけて歯を乾燥させますが、

歯が生きてる(歯の神経が残っている)場合はしみますね。

その時、私は次のようにします。

まず綿球で窩洞を拭きます

写真

それからエアーを簡潔的にシュッ、シュッとかけ乾燥させます。

最初に綿球で拭く事で、あらかた水分を拭き取る事が出来るので、エアーをかける時間を短くすることが出来ますね。

エアーをシューッと長くかけると、患者さんは超痛いです。

ですからシュッ、シュッ、と間歇的にエアーをかけるのですね。

さらに、

私は声かけも使用します。

「シュッ、シュッ、と風をかけます。少ししみますよ」

と一言、風をかける前に患者さんに伝えておくと患者さんも心の準備が出来ます。

なんの準備もしていない時にいきなり痛みがあると患者さんはびっくりしますし、予期しない痛みは人に恐怖を与えます。

痛みを感じさせる前に、伝えること

この事は、本着のみならず、歯科医療をしていく際にとても大事です。

私は他にも患者さんの手に遠くから風をかけて

「この室温の風をかけます。少ししみます」

と話す時もあります。

これは、現理事長がやっているのを見て、これは使えるとすぐにメモしたことです。

このやり方が良いか悪いか、意味があるかないか(医療的に)にかかわらず、患者さんの身になって考えるということが大事です。

その考え(思考)のもと、より親切だなわかりやすいなと思う事をどんどん実践(行動)していきましょうと強くお勧め致します。

現理事長の医院は患者さん多数でとても人気なのですが、こういったところに気を使う事が患者さんに人気が出るコツですし、当医院の大義名分であるメンタルケアにつながると思っております。→「大義名分を作ろう」

是非お試しあれ、です。

さて、

これにて、「本着」の項は終わりです。

今まで、型を採る(印象)ところから模型を作り(石膏)、技工所から冠やインレーが出来てきたら調整をして(補綴物調整)、仮着、本着、となり、無事患者さんの歯に補綴物がセットされた事になります。

長い旅のように、たくさん記事を書いてきましたが、私の臨床をこれでもかと挿入して書きました。

ここまでお読みいただき本当にありがとうございました。

次回お知らせを挟んで、新章に入ります。

新章は「歯周病」について書いていこうと思います。

引き続きお読みいただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 22:53 | Comment(0) | 補綴物セット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。