スポンサーリンク

2015年03月05日

補綴物調整1/9(はじめに)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:インターネット歯医者さん〜実践編〜の目次「患者さん」参照


今回より、「補綴物調整」について書いていきたいと思います。

恒例の教科書的な事よりお話していきます。

印象・咬合採得・石膏・補綴物セットでも書きましたが、技工所から送られてくる被せ物や詰め物は少し大きい状態で出来てきます。

なぜなら、その場で被せ物や詰め物を大きくする事は出来ませんが、削って小さくする事は出来るからです。

削ってちょうどいい大きさや噛み合わせにする事を‘調整’といいます。

歯と歯の間を調整する事を「隣接面調整」

<隣接面調整>

隣接面調整

噛み合わせを調整する事を「咬合調整」

<咬合調整>

咬合調整

といいます。

そして削ったところを「研磨」

<研磨ポイント>

研磨ポイント

最後にセメントで仮付け「仮着」、もしくは本付け「合着」します。

<セメント>

セメント

まとめますと、補綴物調整の順番は

1.隣接面調整
2.咬合面調整
3.研磨
4.仮着or合着

となります。

各々にテクニックがありますので、それらを書いていこうと思います。

また、調整に入る前に仮封を外さなければなりませんね。

0.仮封外し

仮封外し

ここにもテクニックがありますので、次回より仮封外しから書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。ここまでお読みいただきありがとうございました。



インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 21:48 | Comment(0) | 補綴物調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。