スポンサーリンク

2015年02月26日

マイナスの動機とプラスの動機1/3(動機付け)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

ずっと「思考編」をしていなかったので、今回書こうと思います。

さて、題にもありますが、マイナスの動機とプラスの動機とはどういうことかと申しますと。

例えば「ダイエットしたいなあ」と思った動機を思い浮かべていただけたらと思います。

「太りたくない」はマイナスの動機です。

「痩せたい」はプラスの動機です。

同じくダイエットすることには変わりないのですが、どちらの動機で行動した時の方が効果があるでしょうか?

こちらは、ある文献では証明されているそうです。

さてどちらでしょうか?


答えは「やせたい」の方だそうです。


プラスの動機の方ですね。

他にもプラスの動機には、「やせてキレイになりたい」というのもありますね。

マイナスの動機には例えば「太って嫌われたくない」というのがあります。

どちらがいいか、悪いか、効果があるかなどというのは一旦置いておいて。

マイナスの動機は、脅迫観念を行動の源にしてますので、まあがんばっていて辛いでしょうね。

逆にプラスの動機は希望を行動の源にしていますので、1キロでもやせたらワクワク、ウキウキするかもしれません。

ただ、私の考えとしては、おそらくこのマイナスの動機もプラスの動機も同じく、人に行動を起こす力があると思います。

こと健康においては、歯周病でこれ以上自分の歯を失いたくないだったり、虫歯が痛いから、などマイナスの動機が治療をはじめるきっかけになることが多いように思います。


しかし、マイナスの動機のまま治療を継続していくことは、たしかに少ないようにも思います。

もしかしたら、痛みや不安がとれたら通うことをやめてしまったり、予防という観点で定期検診にいくこともやめてしまうかもしれません。

こういった、患者さんに治療や予防の動機を医療者側が促す事を専門用語では‘動機付け’といいます。

次回より、この‘動機付け’について私なりの見解を書いていきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 20:20 | Comment(0) | 思考編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。