スポンサーリンク

2015年02月13日

石膏2/6(注ぎ方)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:「石膏」


前回は「印象」で型をとったら終わりではなく、その型に石膏を流して、歯の模型を作らなければいけないというお話をしました。→「石膏1

今回は、実際の石膏の注ぎ方です。

石膏は粉の状態で保存されています。

<石膏の粉>

石膏の粉

この石膏の粉に水を混ぜ、時間が経つと固まります。

<石膏の粉と水>

石膏の粉と水


石膏の粉に水を混ぜて練り、柔らかいうちに、型に流していきます。

<石膏を水で練ります>

石膏を水で練ります

<印象に石膏を流します>

印象に石膏を流します

型に流してたら、石膏が固まるまで待ちます。

<この状態で固まるまで待ちます>

この状態で固まるまで待ちます



石膏が固まったら、外して模型の完成です。

<固まった石膏を印象から外します>

固まった石膏を印象から外します


ではなぜ、この石膏の注ぎ方が大事かといいますと、この石膏をつぐ際の手技によっては‘気泡’が入ることがあるからです。

<石膏模型に気泡が入った状態>

石膏模型に気泡が入った状態


おそらく、歯科医療者側はみんな石膏を注いでいる時、「気泡を入れないように、気泡を入れないように・・」と心の中で唱えていることかと思います。

せっかく良い印象(型)をとっても、模型に気泡を入れたら一発アウトです。

<気泡を入れたら、印象からやり直しになります>

気泡を入れたら、印象からやり直しになります


そして、気泡を入れたくないために水を多く入れて、流れをよくするなどをしている医院もありますが、アルジネート同様、粉液比は一定にしなければなりません。

なぜかと申しますと、石膏が固まる際の寸法変化に関わるからです。

ここで質問です。

元々石膏は水に混ぜて固まる際に、

収縮するのでしょうか?膨張するのでしょうか?

答えは膨張します。

その膨張率に変化を与える要因が粉液比です。

ですので粉液比は所定通りにしなければなりません。

次回より、粉液比を厳守した上でも気泡を入れない石膏の注ぎ方をご紹介していきます。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 10:04 | Comment(0) | 石膏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。