スポンサーリンク

2015年02月04日

連合印象7/7(当医院の圧接時間)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:インターネット歯医者さん〜実践編〜目次「患者さん」参照

前回、アルジネートの圧接時間は短い方がいいのか、長い方がいいのか?で、長い方がまだ良いといった話をしました。→「連合印象6

1、2分長く圧接していても、口腔内のように湿潤状態であれば離水の影響はほとんどない。ということを書きました。

今回は具体的な印象の圧接時間についてお伝えしたいと思います。

そこで、当院のアルジネート(商品名アレグレス)の硬化時間を思い出しましょう。

<アレグレス 使用法>

アレグレス 使用法

作業時間30秒、口腔内保持時間(口腔内圧接時間)1分30秒から2分です。

合計2分30秒から3分です。

当院は温度を一定にする為に、冷蔵庫の冷たい水を使用しますので、アルジネートの硬化時間は長くなることが考えられます。

当院の寒天・アルジネート印象の合計時間は作業時間30秒、口腔内保持時間(口腔内圧接時間)は3分。

計3分30秒になるわけです。

水の温度が冷たいことを考慮すると、色々試しましたがこの時間が最適でした。

このシステムにしてから、補綴物の適合は、誰が型をとっても良くなりました。是非お試しいただければと思います。


これで「連合印象」についてはおしまいです。次回から「咬合採得」について書いていきます。


ここまでお読みいただきありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 21:51 | Comment(0) | 印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。