スポンサーリンク

2015年01月22日

連合印象2/7(気泡を入れない方法)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
「インターネット歯医者さん〜実践編〜」


では印象について、私の臨床をお伝えしたいと思います。

まず下のインレーの印象(型)をとる事を想定しましょう。

<インレー窩洞>

インレー窩洞

まず、形成が終わりこの状態に寒天を流していきます。

印象が失敗する例として、気泡が入る事があげられます。

<印象に気泡が入る事がある>

印象に気泡が入る事がある

ここで大事なのは、どこに気泡が入りやすいかをまずは知ることです。

ここです。

<気泡の入りやすい箇所>

気泡の入りやすい箇所

要は奥まった部分に気泡が入りやすいわけですが、

上の写真の部位の中でもどこが一番入りやすいかというと、‘隣接面’です。

ここに入ってたらアウトですね。

インレー形成」でもお話しましたが、不潔域にマージンがくることになりますのでアウトです。

ですから、シリンジで寒天を流す順番は、隣接→咬合面です。

そして、ここがポイントですが、気泡が入りやすい箇所には、

シリンジを‘‘ギュッ”と押して勢いよく寒天を流しましょう。

こうすることによって、シリンジから寒天が出る勢いによって気泡が押し出されます。

押して歯茎などが接している場所などは歯肉を圧排する勢いで、歯肉溝の中に寒天を流し込むイメージで、寒天を流し込みましょう。

そして咬合面も気泡が入りやすい箇所にきましたら、そこでギュッとシリンジを押して寒天を勢いよく流しましょう。

ここで大事な事は、寒天の供給を止めずに一筆書きで進めるということです。

ただ、ずっと勢いよく出しながら全部やると寒天がもったいないですし、口の中が寒天でいっぱいになってしまいます。

なので、通常状態で出しながら、気泡が入りやすいところに達した時にだけギュッと押すわけです。

その際、寒天を流している間は常に寒天を出し続けましょう。

一筆書きで寒天を出しながら、気泡が入りやすいところはギュッと押して、そこを過ぎたら通常くらいの圧に戻します。

とりあえず、出し続けるわけです。

一旦止めてからまた出しはじめるとそこに気泡が入ります



また一筆書きで寒天を流す事も大事です。一筆書きにせず、たとえば近心隣接流してから、遠心隣接を流すなどとやると寒天がながれて重なる部分で気泡が入るわけです。



まとめますと

1.隣接→咬合面の順に寒天を流す
2.寒天は出し続けながら、気泡が入りやすいところにきたらギュッと勢いよく出す。寒天の供給は止めない。
3.一筆書きで寒天を流す。


<寒天を流している図>

寒天を流している図

これでうまくとれると思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。




タグ:寒天 歯科 印象

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 08:11 | Comment(0) | 印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。