スポンサーリンク

2015年01月01日

抜歯3/8(抜歯手技)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:「抜歯」


前回の続きで、これから「抜歯手技」について書いていこうと思っておりますが、抜歯といっても色々あります。

歯周病でグラグラしていて手でも抜けそうな抜歯もあれば、下顎の水平埋伏や骨癒着歯の抜歯など難易度も様々です。

なので、今回は頻度も多く、難易度も中度から中の上位である

「上顎親知らず」「残根抜歯」について、次回よりまた教科書的ではないことに焦点を当てお話ししていきたいと思います。

そしてその前に、抜歯の基本手技について追加させていただきます。

抜歯というと、下の写真のような歯を掴む道具で引っ張って抜くイメージが強いかと思いますが、実はそれを使うのは、最後です。

<歯を抜くイメージ>

歯を抜くイメージ

実際はこの歯をつかむ道具は、鉗子(かんし)といいまして、下の写真のような器具になります。

<鉗子>

鉗子

ではそれまでは、何を使うのかといいますと、ヘーベルというのを使います。

<へーベル>

へーベル

これを上手く使える人が抜歯の上手い人と思っていいと思います。

私が口腔外科で習っていた最初の頃、鉗子を使うのは禁止されていました。


全てヘーベルで抜くようにということです。その方が腕が上がるからという理由でした。

私は今でも鉗子を使うのは、ほとんど歯が抜けてからです。抜けた歯をお口の中に落とさないように掴むくらいにしか使用しないことがほとんどです。

逆に早い段階で鉗子で抜こうとすると、歯根が折れたり、薄い骨が骨折したりするリスクが高くなります。

その位、抜歯において、ヘーベル操作というのは大事です。ただ普通一目見ただけで、この器具で歯を抜くというイメージが出来る方は少ないと思います。

何に使うかといいますと、ヘーベルというのは歯を脱臼させる為に使います。

下の写真のように、歯根と骨の間に沿わせて、15度位左右にグリグリ回しながら、押して行きます。

<へーベルを歯根と骨の間に沿わせる>

へーベルを歯根と骨の間に沿わせる

すると、歯と骨をつないでいる歯根膜という繊維が切れ歯が脱臼します。

<歯が脱臼する>

歯が脱臼する


そして、ヘーベルの事をエレベーターという先生もいますが、歯は先細りの形をしているので、このまま押していくと、歯は上に上がってきます。

<歯は上に上がってくる>

歯は上に上がってくる


これがヘーベルで歯が抜ける理屈です。

ただ、実際は理屈通りにはいかず、ヘーベルのみで歯を抜くのは結構難しいです。

大抵の抜歯手技というと、まずはヘーベルでグリグリやると歯が動き出して少し上に上がってきます。この状態を歯が脱臼したといいます。

そこから鉗子を使い抜いていきます。

<脱臼してから、鉗子で抜く>

脱臼してから、鉗子で抜く

あくまでもヘーベルで脱臼させてから鉗子です。

また、教科書的には最初ヘーベルは近心頬側(手前側かつ頬側)にかけますが、私はこだわっていません。かかるところにかけます。しかし、基本は近心頬側というのは知っておいた方がいいと思います。

<まずは近心頬側にへーベルをかける>

近心頬側にへーベルをかける

いかがでしたでしょうか?一般の方で御自身が抜歯を体験する時は、今使っているのは、ヘーベル鉗子か考えて見るのも面白いかもしれませんね。

まあそんな余裕ないというお声が聞こえてきそうですが、気が紛れていいという方もいるかもしれません。

また、自分が何をされているのかわかった方が怖くないという方も結構いらっしゃいます。

最後に歯科医師先生方へ、少し教科書的ではないお話をさせていただくと、

<抜歯手技 図解>

抜歯手技 図解

抜歯中、器具はどんどん変えた方がいいです。5番のヘーベルがダメなら、3番、3番でダメなら逆にルートチップにしてみるや探針やエキスカ使ってみるなど、どれかで歯が動きはじめるかもしれません。

ずーっと同じ器具で、うーん抜けない抜けないとやっているのが、患者さんからすると一番下手くそに見えるので、注意です。(実際下手でなくても)

逆にあの手この手で抜いていこうとすると経験値も増えると思います。

では次回より「上顎親知らず」「残根抜歯」について私の手技を御紹介していきます。

よろしくお願い致します。ここまでお読みいただきありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 23:06 | Comment(0) | 抜歯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。