スポンサーリンク

2014年07月21日

支台歯形成6/7(軸面形成2)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:「支台歯形成」

今回は軸面形成です。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
「インターネット歯医者さん〜実践編〜」


そしてこれは基本編です。スーパーファインも5倍速コントラも使用しません

あくまで、タービンのダイヤモンドバー、しかも下の写真のシャンファーバーとやり状バーの2本しか使用しない想定でいきます。

<シャンファーバー>

シャンファーバー

<ヤリ状バー>

ヤリ状バー
今のところスライスカット、クリアランスの確保までは終わっているので下の写真まで終わっている状態ですね。ここからスタートです。

<スライスカット、クリアランスの確保終了時>

スライスカット、クリアランスの確保終了時

まず使うのはシャンファーバーの方です。


これでまず、次の二つを行います。

1.頬側面のみ形成します。

2.それから舌側面のみ形成します。

大事なのは‘のみ’です。隣接面は触りません。

そして血が出ないように、歯肉縁下よりも下にはバーを入れません。歯肉縁ギリギリまで形成(アンダーカットをなくす)します。

<頬側面のみアンダーカットをなくす>

頬側面のみアンダーカットをなくす

<舌側面のみアンダーカットをなくす>

舌側面のみアンダーカットをなくす

ここではマージンがショルダーやディープシャンファーにならないようにしましょう

全ての面をショルダーやディープシャンファーにならないように、アンダーカットをなくせば勝手に教科書のような支台歯になります。

タービンの持ち方はこうです。

<タービンの持ち方>

タービンの持ち方

よく言われる持ち方ですが、人差し指の第二関節までを写真のようにタービンに添わせます

しかし、実は私はあまりこだわっていません。この持ち方を意識するのは、テーパーを一律にしたい時くらいです。

ただ、題「ポジショニング」でもお話したように、ポジショニングは一定にしましょう

ポジショニングとは、体と頭の位置、肘の角度、ミラーの置き方、レストを置く歯の場所などの事です。

肘の角度だけ、「ポジショニング」でお話していなかったので、付け加えておきます。

肘は開く場合と出来るだけ締める場合があります。

一般的に良いとされているのは締める方ですね。

下図のように、編み物をする時の肘の位置が、安定して細かい作業をするのに向いているとされています。疲労感も少ないです。

<タービンワーク時は脇をしめる>

タービンワーク時は脇をしめる

ただ、私は肘を開く方法も使い分けています。あまり教科書的ではないかもしれませんが、やってみる事をお勧めします。

ずっとやっていると疲れるので、肘を開くのは、形成の時インプラントの時くらいですが、両方出来るといいと思います

やり方は、またの機会にまとめようと思いますが、肩肘張るような感じです。


さて、バーの動かし方は、弧を描くように動かします。

<矢印のように弧を描くように動かす>

矢印のように弧を描くように動かす

きれいな弧を描くにはコンパスのように支点が必要です。

つまり‘レスト’を起きましょう。置く場所は、まあ最初はどこでもいいですが、必ず何処かに支点(レスト)を起きましょう。

そして、シュッ、シュッ、シュッと‘クリーミー’になるまで、‘スピーディ’にバーを動かしていきます。(意味が分からない方は「支台歯形成3」を御参照下さい。)

これで、下の写真まで形成していきますが、この時は、そんなにマージンを気にしなくていいです。

<頬側、舌側形成後>

頬側、舌側形成後

そして、長いですが次回に続きます。ここまでお読みいただきありがとうございました。次回で大臼歯FMCの支台歯形成は最後の予定です。


インターネット歯医者さんはここにいます。→
水・金は水道橋クリスタル歯科、木・土は本八幡クリスタルミツル歯科にいます。
御来院の際はDr小栗のブログを見た旨をお伝えください。記念品を贈呈致します。

また、ご質問・ご連絡はこちら(無料)→メールはこちらへ
私が直接お応えします。

ご要望があった為、ご希望がありましたら、セミナー、マンツーマン指導を行うことに致しました。

時間・料金はまだ未定なのですが、ご要望の方の内容や希望する方の人数によって決めようと思います。たぶん私のことなので、破格に安いと思います。要は会場借りたりなどの必要経費で十分です。一人1時間1000円くらい、3時間なら3000円、5時間必要でも5000円、それ以上はお互いに疲れてしまうので回数を分けましょうか、というくらいに考えています。

ご連絡・ご相談はこちら(無料)→メールはこちらへ

注)また歯科医師の先生で、卒業3年目までの先生に限定させていただきます。なぜかといいますと、卒業3年目までと3年目以降とは、お伝えする内容も変わってくると思うためです。
他に限定事項は特にありません。男性でも女性でも、出身歯科大学がどこであってもオールウェルカムです。一緒にがんばりましょう!


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 22:48 | Comment(0) | 支台歯形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。