スポンサーリンク

2014年07月03日

魂を込めるって?2/2

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


前回の続きです。
感情を込めることと魂を込める事は実は違って、臨床を続ける上では魂を込める事が大事であるというお話でした。

で、魂って何?というのが今回です。

具体的な例を上げて行きたいと思います。

例えば、優秀な外科医も自分の親や
自分の子供は執刀出来ないというお話を聞きますが、これは感情が大きく入るからだと思います。

例えば、イライラしてる時や嬉しくて飛び跳ねそうな時に車の運転をするのは気を引き締めなければいけませんね。

魂を込めるとは、この気を引き締めるときの感覚に似ています。

例えばそんな時、今はこれに集中。と心の中で何度も唱えるかと思います。

そして、浮ついた意識がだんだん落ち着き、

顎は引き気味になり、目に力が入ってきます

声はお腹から出るようになり、自分のパフォーマンスを高い次元で維持出来る、不測の事態にも対応出来る、そんな状態です。

F1レーサーのスタート前の状態に似ているかもしれません。

この状態を魂が入ると私は表現しているわけです。

医療をやっていると、このコントロールが難しいのです。

気を抜くとすぐに感情に取り込まれてしまいます。

なぜなら、かわいそうな人がいたら、誰だって助けたいと思いますよね。自分にとって大事な人ならなおさらです。

私は患者さんを大事に思っていますし、スタッフにも患者さんを自身の家族・親戚と同じように、誠意を持って接するように徹底しています。

ですからすぐに感情が入ってきます

しかし、感情が入れば入る程、パフォーマンスは上がっているように見えて、その実あまり変わらないか、下がる事もあります。

そして、精神的な疲労感は何倍にもなります。

いつの間にか、処置にこんなに時間がかかってしまった。だったり、周りが見えなくなってその患者さんはルンルンで帰っても、他の患者さんには不満足を与えてしまった、だったりです。

例えば先程のF1レーサーにさらに感情を入れてみましょうか。
下記のように想定を加えてみます。


そのF1レーサーは、大事な自分の子供が病気で今日これから手術です。手術代は大変高額で今日のレースに勝たなければ、手術代が払えないとしましょう。
子供の容体も心配です。

そんな時、前を走る車がクラッシュし、自分の車に向かってきます。

当然焦りますよね。感情に支配され、頭が真っ白になってしまっては自分が死んでしまいます

その時、このクラッシュした車を回避し、レースに勝つ為に必要な精神状態はどのようなものでしょうか?

みなさんが想像した状態が魂が入っている状態です。

疲れも、不安も、恐怖も、楽しさや嬉しさ、嫉妬など一切感情のない世界です。

でも眠ってるわけではなく、あとから考えると自分でもビックリする位のパフォーマンスを行っている状態です。もしかしたら全てがスローモーションに見えるかもしれません。

運動選手などが、よくゾーンに入るといいますが、それも近いですね。

ただ、今のお話は極限の状態であり、診療中にゾーンに入れと言っているわけではありません(笑)

感情ももちろんなければいけないんですよ。

そうでなければ、人に共感する事は出来ませんし、本当に人を癒したり、周りにこの人について行こうと思わせる事は出来ません。

それは医療者としては致命的です。

しかし、感情に支配されてしまうのも、人の身体を預かる身として致命的なわけです。

つまり、感情を込めるという事と魂を込める事というのは違うものだと認識し、使い分ける事が大事なのです。

人は思ったより、大部分を感情が支配していますので、意図的に魂を込めるには訓練がいりますし、だいぶ修羅場もくぐらなければなりません。

えー、やだなあと思われると思いますが、先程言いましたね。

魂が込められるようになると、恐怖に蓋をする事が出来ます。色々な事も出来るようになると思います。

最後に笑い話を一つ、

私にこの事を教えてくれた理事長先生に私は

「でも先生、どうしても疲れてたり、落ち込んだりする事ってないですか?」「つまり感情に支配されてしまう時はないですか?」

と聞いた事があります。


すると理事長先生は

「そういう時は、僕はよくトイレに行くじゃん。胸ポケットにボールペン入ってるでしょ。」


「そのボールペンで、太ももを刺す!」


と大声で言って笑っていました。

もちろん冗談でしょうが、

そのあと理事長先生から

「わかった?これが魂を込めるということだよ。」

と言われ、私も笑いながら

「なんとなく、わかりました。」

と言った覚えがあります。

お試しいただけるとありがたいのですが、血が出るほどはしないようにしてくださいね。

ただ、なかなか上手く書けないですね。このテーマは保留にします。またの機会にちょくちょくお伝えしていきます。もしかしたらこのブログが完結した時にお伝えできるテーマだったかもしれませんね。ただ、魂を込める為には、今回のブログも大変大事だと思いますので、是非読んでいただけるとありがたいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。


インターネット歯医者さんはここにいます。→
水・金は水道橋クリスタル歯科、木・土は本八幡クリスタルミツル歯科にいます。
御来院の際はDr小栗のブログを見た旨をお伝えください。記念品を贈呈致します。

また、ご質問・ご連絡はこちら(無料)→メールはこちらへ
私が直接お応えします。

ご要望があった為、ご希望がありましたら、セミナー、マンツーマン指導を行うことに致しました。

時間・料金はまだ未定なのですが、ご要望の方の内容や希望する方の人数によって決めようと思います。たぶん私のことなので、破格に安いと思います。要は会場借りたりなどの必要経費で十分です。一人1時間1000円くらい、3時間なら3000円、5時間必要でも5000円、それ以上はお互いに疲れてしまうので回数を分けましょうか、というくらいに考えています。

ご連絡・ご相談はこちら(無料)→メールはこちらへ

注)また歯科医師の先生で、卒業3年目までの先生に限定させていただきます。なぜかといいますと、卒業3年目までと3年目以降とは、お伝えする内容も変わってくると思うためです。
他に限定事項は特にありません。男性でも女性でも、出身歯科大学がどこであってもオールウェルカムです。一緒にがんばりましょう!



タグ:感情 歯科

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 23:33 | Comment(0) | 思考編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。