スポンサーリンク

2014年05月20日

インレー形成2/22(設計)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画:「インレー形成」

前回の続きです。

インレーですが、まずこんな形をしています。

<インレー見本>

インレー見本.jpg

このように歯を削って詰め物を作ります。インレー窩洞といいます。

<インレー窩洞>

インレー教科書.jpg

はい、これで教科書的なことはおしまいです。どこにでも載ってますからね。

ところでみなさんは銀の詰め物を入れた後、治療は終わったと言われたのに、冷たいものにしみるようになったという経験があるのではないでしょうか?
今日はそうならない為のテクニックもご紹介しますね。

まず私がインレー治療で気をつけて要ることは

・マージン(銀と歯の境目)を不潔 域に設けない。

・外れない。

・しみない。

大きくこの3点です。

他にもあまりそとから銀色が見えないようにするというのもありますが、これは審美治療になりますので今後のお楽しみにして下さい。

では、まず不潔域にマージン(境目)を設けない、からですが、
これはとっても大事です。
以外に抜けてる先生も時々教えていておりますが、ちゃんと守らないとそこからまた虫歯になります。

また、それを守るとおのずと”形”も決まってきます。

歯には3大不潔域というものがあります。要はだいたい虫歯はそこから出来ますよ。といった場所があるのです。

それは、隣接面・咬合面・歯茎側3分の1です。

絵に書くとこうなります。

<3大不潔域>

歯の不潔域.jpg

ここに銀歯の境目を持ってきてはなりません。

なので写真のような形態は、推奨しません。

特に上の写真の例は、外から銀色が見えないんだよと得意になってしまいそうですが、いけませんよ。不潔域にマージン(銀と歯の境目)を設けると虫歯になります。

<スライスカットがない、不潔域である隣接面にマージンがきている>

インレー悪い見本(スライスカットなし).jpg

<隣接面・咬合面は覆っているが、頬側側室が歯茎側3分の1にきている>

インレー悪い見本(不潔域マージン).jpg

次に外れないですが、窩洞が浅く隅角が出ていない。隣接のテーパー(傾き)が緩いと外れます。良く外れてくるのはこんな形。(上:隣接のテーパーが緩い 下:窩洞の隅角が不明瞭)

<テーパーが緩い>

インレー悪い見本(テーパー強い).jpg

<窩洞の隅角が不明瞭>

インレー悪い見本(隅角出ていない).jpg

特に隣接のテーパーが緩くならないように気をつけましょう。

外れるかな?外れないかな?というのは頭の中でこの窩洞で作ったインレーが入った模型を


想像して・・ひっくり返して下さい。


ポロっと落ちそうだなと思ったらもう少し維持を設けます。少しでも引っかかって落ちないようなら、最近は接着剤も良くなっているのでそう外れないと思います。一つの目安ですが効果あると思いますよ。


最後にしみないですが、きちんと裏層をする事です。あと私は基本的に側室はつけません。側室ってなんでしょう?補助的保持形態ですよね。

つけなくても外れないならいらないと思います。無駄に歯は削りません

保持部が少ない時はつける事もありますが、つけても申し訳程度、もしくは神経の突出を避けてこういう形にします。(上:推奨する例。神経の突出部を避けた形態。下:推奨はしない例、しみやすい例、神経の突出部分に側室の一番深い部分がきている。)

<神経の突出部をさけた形態>

インレー良い見本(側室).jpg

<神経の突出部分に側室の一番深い部分がきている>

インレー悪い見本(側室).jpg

ここまでは基本的な話ですが、ここから少し専門的な話になります。これでもしみてしまうような深い虫歯はどうするか?

私は虫歯をとった後神経まで近いなと思ったら、穴の一番底に水酸化カルシウム製材をちょんとつけてからグラスアイオノマーセメントが含まれた裏層剤で裏層してから形成します。

水酸化カルシウム製材は第二象牙質を誘導する為、グラスアイオノマーセメントは歯髄鎮静作用で神経を落ち着かせる為、またフッ素徐放性があるので虫歯予防効果を期待しています。

それでも、しみそうだなと思ったら私は、仮封の前に窩洞面にC.Cを塗布しておきます。これでまずしみません。

これでもしみるといった場合は打診があれば麻酔抜髄。なければ窩洞にC.Cではなく、サホライドを塗ります。塗った面は黒くなりますが、上からインレーが入るので外から見えません。

この方法で、私は今までインレー治療をそりゃもう何千とやっているわけですが、麻酔抜髄になるのは2年に1人?いるかなという感じです。

もちろん、抜髄か残すかの診断はきちんとしておりますが、それでも私は出来るだけ神経は残そうとする方でして、その方向でやってこの割合です。

そんなの知っているよという方も多いかもしれませんが、まあ基本編なので,すいませんが大目に見てくださいませ。
ここまでお読みいただきありがとうございました。



ご質問ご相談はこちら。無料です。
メールはこちらへ

インターネット歯医者さんはここにいます。→
水・金は水道橋クリスタル歯科、木・土は本八幡クリスタルミツル歯科にいます。
御来院の際はDr小栗のブログを見た旨をお伝えください。記念品を贈呈致します。

また、ご質問・ご連絡はこちら(無料)→メールはこちらへ
私が直接お応えします。

ご要望があった為、ご希望がありましたら、セミナー、マンツーマン指導を行うことに致しました。

時間・料金はまだ未定なのですが、ご要望の方の内容や希望する方の人数によって決めようと思います。たぶん私のことなので、破格に安いと思います。要は会場借りたりなどの必要経費で十分です。一人1時間1000円くらい、3時間なら3000円、5時間必要でも5000円、それ以上はお互いに疲れてしまうので回数を分けましょうか、というくらいに考えています。

ご連絡・ご相談はこちら(無料)→メールはこちらへ

注)また歯科医師の先生で、卒業3年目までの先生に限定させていただきます。なぜかといいますと、卒業3年目までと3年目以降とは、お伝えする内容も変わってくると思うためです。
他に限定事項は特にありません。男性でも女性でも、出身歯科大学がどこであってもオールウェルカムです。一緒にがんばりましょう!


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 10:34 | Comment(0) | インレー形成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。