スポンサーリンク

2017年11月07日

感染根管治療6「GPソルベントとシーラーの液を混ぜる」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

前回、ガッタパーチャポイントを溶かす液、シーラーを溶かす液と題しまして、

ガッタパーチャポイントはGBソルベントで溶けますが、

シーラーは、シーラーの液で溶ける

という記事を書きました。

根管充填材は、ガッタパーチャポイントとシーラーで出来ていますので、これにて両方溶けるわけです。

実際の行い方ですが、色々な方法を皆様も試してみていただければと思います

私がよく行なう方法として、

GPソルベントを下の写真のようなダッペングラスというものに入れて使用することが多いかと思いますが、

<ダッペングラス:GPソルベント>

IMG_1542.JPG

ここに、シーラーの液を一滴混ぜます

<ダッペングラス:シーラーの液>

IMG_1543.JPG

シーラーの液がもったいないので、GPソルベントのみでは硬くて取れ辛いと感じた時のみです。

実際に臨床にて、根管充填材の除去を行なっておられる先生方は、すぐに取れる時とそうでない時があるのを感じることがおありかと思います。

特殊なレジン系のシーラー(とても硬い)などが使用されている場合もありますが

そうでない場合、

シーラーの比率が高いのでは、と考えるのです。

<シーラーの比率が高いのでは?>

images.jpg

つまり、ガッタパーチャポイントはGPソルベントで溶けるがシーラーは溶けないからこんなにファイルが進んでいかないのでは、と考えるわけです。

そんな時は前回のブログでお話ししました、シーラーの液を利用することをお考えくださってもいいかもしれません。

実はかもしれませんと言っているのは

効果がわかりづらいからなのですね。

GPソルベントで溶けてるのか、シーラーの液が効いているのか?

混ぜてしまうとはわからないのですが私の感覚では若干は取れやすくなると感じます。

しかし、経験として、GPソルベントのみもしくは、GPソルベントにシーラーの液を加えての

両方のやり方を合わせて
大抵の場合は根尖まで到達します。

重ねて言いますが、このやり方は教科書的ではありません

1つの御参考程度にお考えくださればと思います。

私は、根管充填材が除去しやすいと感じるのですが・・というものです。

では、次回より今回の内容も含めて、実際の臨床での根管充填材の除去“手技”を書いていきたいと思います。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございます。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 08:54 | Comment(0) | 感染根管治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。