スポンサーリンク

2017年10月07日

プレミアムファイルの新作vo.4「インレー治療・ポジショニング」、vo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」が公開しました

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

平成29年10月1日より、プレミアムファイルvo.4「インレー治療・ポジショニング」vo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」が公開となりました。

なんと2つ同時リリースとなります。

それは、この2つのファイルが「形成」を司るファイルである為です。

形成とは、‘歯を削って形を作る事’で、

被せ物や詰め物を作る際に、それらがきちんと入るために行なう治療行為の1つです。

<形成>

download.jpg

しかし、

ただ、それだけではないのです。

形成した後、歯型を採り、模型におこされるわけですが、

<形成後模型になる>

images.jpg

その模型は、

他の歯科医師衛生士さんも歯科助手さんも、技工士さんも

皆が見るわけです

<皆が見る>

download.jpg

たとえば、下の写真を見比べてみましょう。

<形成例1>

IMG_1419.JPG


<形成例2>

images.jpg

形成1はわざと凸凹にしてありますが、もしもこの二つの模型を見比べた人がいたら、

明らかに、形成例2を形作った歯科医師先生の方が‘器用’と感じるかと思います。

少し大げさな例かもしれませんが、形成1を形作った歯科医師先生の場合、周りの人は治療されたくない、歯をボロボロにされてはたまらないと感じる方もいらっしゃるかと思います。

スタッフの方にはこんな形成をされてはたまらない・患者さんがかわいそうとお思いになるかもしれませんね。

そうなのです。

形成は歯科医師としての“腕”周りからは計られてしまうのです。

歯科医師の腕の指標となることは、他にもたくさんあることは、私は歯科医師なので、重々承知しておりますが、

周りはそうは見ません

歯科医師には器用さが求められることは、一般的な見解であり、他に知識などよくわからないことを言われても、自分の方が器用かもと思えば、あまり言っていることも説得力をなくすものです。

セカンドドクターにしても同じなのでご注意いただければと思います

結構な頻度で、形成の下手な先生へは、ついていきたくないというのが本音であったりするので恐ろしいですね。

色々とお話してきましたが、「形成」は歯科医師の評価につながることが多いということです。

かくゆう私は、、

形成が下手でありました。

現在私は、審美歯科医として毎日形成治療をしておりますし、技工士さんが他の歯科医院の参考にと見学にしにいらっしゃるくらいですから、誰もそう言っても信じる人はいませんが、

証拠があります。

それは、私が元来“左利き”であるということです。

歯科ユニットは右利き用に作ってありますから、左利きの先生も利き手と反対の右手で形成をしなければなりません。

私の経験から、どんなに器用で通っていても、利き手と反対では、パフォーマンスは10分の1くらいになります

信じられなければ一度、右利きの方は、左手で診療を行ってみれば、すぐにお分かりになるかと思います。

実際とても苦労致しました。

でも、歯科医師であるために“あきらめるわけにはいかなかった”です。→プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事1/4「私の形成」について【プライド】

<プライド>

download.png

だから心から“願った”のです。

誰もが認めてくれるようになりたいと。→プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事4/4「形成」について【願い】

<願い>

download.jpg

そして、

今、その願いは叶っております

そして、そこには左利きというハンデを持っていてももしくはなかなかうまくいかなくてもあきらめずに出来るだけ臨床に則して練習すること、

つまり、“近似”プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事2/4「インレー治療」について【近似】

<近似>

IMG_1347.JPG



先輩の先生方からの学びである

“継承”プレミアムファイルvo.4とvo.5の紹介記事3/4「ポジショニング」について【継承】

<継承>

download.jpg

があったということを皆様へお伝えしたく、私事で恐縮でありますが、前回までこの4つの事柄をテーマに紹介記事を書かせていただきました。

今回リリースする“プレミアムファイル”はそうして出来ており、

私の制作したこの資料が皆様へもそうした意味を持てたらどんなに良いか

そんな“思いのたけ”を乗せております。

大変嬉しいことに先週の10月1日から公開となっておりますが、

凄い反響でして、お申込みもどんどん受けております。

お申込みをされた方へ、この場を借りてお礼申し上げます

皆様の臨床に、この資料(プレミアムファイル)が助けになってくれることを願っております

なんといっても、利き手と反対の手でも、出来た方法です。

是非お試しあれ、です。

下記のリンクから、インターネット歯医者さん〜実践編〜にあります、プレミアムファイル紹介ページへ行けます。メルマガ登録された際に発行されるパスワードを入力すると内容が見れますので、是非ご検討いただければと思います。

プレミアムファイルvo.4「インレー治療・ポジショニング」

プレミアムファイルvo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」



プレミアムファイルvo.5「支台歯形成・前装冠形成・ジャケット冠形成」より抜粋

<インレー形成:プレミアムファイルvo.4掲載>

IMG_1340.JPG

<ポジショニング:プレミアムファイルvo.4掲載>

IMG_1347.JPG

<支台歯形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0644.JPG

<前装冠形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0692.JPG

<ジャケット冠形成:プレミアムファイルvo.5掲載>

IMG_0715.JPG


ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。





インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 11:43 | Comment(0) | プレミアムファイルvo4・vo.5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。