スポンサーリンク

2016年03月31日

CR治療5/28「CR治療は患者さんに喜んでもらえる治療」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画「CR治療」


今回よりCR治療について記事を書いていきたいと思います。

CR治療に関しては、ずっと以前にブログでも書きましたが、今回読み返してみて、もっと詳しく説明すべきと感じたからです。→CR治療1(はじめに)CR治療2(防湿)CR治療3(隣接面、咬合面)CR治療4(気泡)

なぜなら、CR治療は患者さんにとても喜んでもらえる治療だからです。

下の写真をみてみて下さい。

<インレー→CR治療後>

インレー→CR治療後

これが、その日に1日で、ものの30分程で出来てしまいます。

患者さんはビックリしますよね。

そしてそのあと笑顔になり、

私の顔をチラッとみます

「この先生スゲー」

と思っているわけです。

そんな風に見られた時、歯医者冥利に尽きますね。

とても嬉しいものです。

歯科医の先生であれば、1日診療していて、CR治療をしない日はないと思います。

ということは、毎日あの尊敬と感謝の眼差しで患者さんはからチラ見をしてもらえるチャンスがあるということです。

僭越ながら、私は毎日チラ見してもらっています

その方法を次回より、お伝えしていきます。

読んでもらえると嬉しいです。そして喜んでくれる患者さんが増えればより嬉しく思います

よろしくお願いします。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 10:36 | Comment(0) | CR治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

虫歯の削り方10/10(今までのまとめと検知液を使わない方法の紹介)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画「虫歯除去」

今までブログにて虫歯の削り方について、詳しく書いてきました

私は歯医者ですので、色々な虫歯の削り方をしましたが、今回御紹介させていただいた方法が良いと思っています。

患者さんからの口コミにも

「虫歯を取るスピードが段違いでした」


というお言葉をいただいております。

つまり早く正確に。

そして出来るだけ痛くなく(コントラハンドピースを使うから)です。

そしてそのように虫歯除去が出来ると患者さんはどう思うでしょうか?

虫歯を削られている時間は、患者さんからすれば苦痛です。

そして、今まで子供の頃から色んな歯科医院で虫歯を削られる事を経験していることでしょう。

そこで、早く虫歯が取り終わったらどう思うでしょうか?

私は虫歯除去をサッと済ませた後、

「もう虫歯は取れましたからね」

と患者さんへ伝えます。

すると患者さんは、

「早い、痛くなかった、この先生凄い!」

となるわけです。

他にも虫歯が大きい場合などは、結構早い段階で以下のように伝えることもあります。

「今一番深いところの虫歯が取れましたよ」

「8割方もう取れましたからね」

などです。

すると、患者さんからの緊張感がとたんに緩むのがわかります。

是非歯科医の先生方も、患者さんは虫歯を削られている時に何を考えているかを考えてみることをお勧めします。

患者さんは

「痛いかなあ?もう終わったかな?どのくらいまで終わったかな?」

とお考えです。

医療者側は、お教えしましょう。どんどん患者さんの気持ちとリンクして、伝えていくと良いと思います。

患者さんの満足度につながること請け合いです。

是非お試しあれですね。

さて、そんな私の虫歯の削り方の手技を今まで記事にしてきました。

それらをまとめていきたいと思います。

今回は使用するバーの種類や直径の大きさ3段階にわけて虫歯を除去する方法についてお話ししました。

第一段階で使用するのは、タービン用の小さいラウンドバーでした。

<第一段階で使用するバー>

第一段階で使用するバー

そしてエナメル象牙鏡を進行した虫歯とその上のエナメル質を削除するのが、第一段階です。

<第一段階で削る部分>

第一段階で削る部分

バーの動かし方は、フェザータッチでチョン、チョンです。

<第一段階のバーの動かし方>

第一段階のバーの動かし方


次に第二段階です。第二段階で使用するバーはコントラハンドピース用の大きいラウンドバーです。

<第二段階で使用するバー>

第二段階で使用するバー

これで軟化象牙質部分を健全象牙質に当たるまで、除去していきます。

<第二段階で削る部分>

第二段階で削る部分

健全象牙質と軟化象牙質の違いがわかるように、少し圧をかけながらグウッとかきあげるように削るのでしたね。

<第二段階のバーの動かし方>

第二段階のバーの動かし方

コントラハンドピースですと、健全象牙質部分に当たると途端に削れなくなりますので、底の部分に残った軟化象牙質にバーが届きません。

<大きいラウンドバーの直径よりも小さい範囲で深く進行した虫歯にはバーが届かない>

大きいラウンドバーの直径よりも小さい範囲で深く進行した虫歯にはバーが届かない

そこで、小さいラウンドバーに変えて虫歯を削るのが第三段階です。

<第三段階で使用するバー>

第三段階で使用するバー

この小さいラウンドバーを使用して、第二段階でバーの届かない、軟化象牙質の‘底’の部分を除去していきます。

<第三段階で削る部分>

第三段階で削る部分

動かし方は第二段階と同じです。
少し圧をかけながらグウッとかきあげるように削り、虫歯除去を完了させます。

<第三段階のバーの動かし方>

第三段階のバーの動かし方

お疲れ様でした。これで虫歯除去完了です。

前回までの記事では、それぞれをさらに詳しく書かせていただきました。

今回の記事に書いていない大事なことも書いてありますので、是非前回までの記事もお読みいただけると嬉しいです。

また、虫歯を除去する時のバーの動かし方が大事になります。

それらは動画にまとめましたので、是非そちらも合わせて視聴してみていただけるとさらに、参考になると思います。

是非是非ご覧くださいませ。

では、検知液を使用しないで虫歯がとれたか確認する方法について御紹介します。

1.色
2.探針での硬さの触知

です。

1.色に関しては、健全象牙質の色を知っておく事です。

<健全象牙質の色(黄色い箇所が健全象牙質)>

健全象牙質の色

2.同じく、健全象牙質の硬さを知っておく事です。

<健全象牙質の硬さ>

健全象牙質の硬さ

この色と硬さが合っているかどうかは検知液が教えてくれますが、一度わかったならば、検知液なしで虫歯除去出来ます。

私は歯医者になりたての頃、はじめタービンで虫歯を削っていたのですが、削っている最中、今削っているのが軟化象牙質なのか、健全象牙質なのかわかりずらかったです。

検知液で確認をしますが、検知液で染まっている部分は削るとすぐ消えます。

そして、また検知液をつけてみると、また赤く染まるというのを繰り返していました。

そんな時、

上記の‘色と硬さ’に注目し、注目するためにコントラハンドピースを使用したら、途端に虫歯除去がスムーズにいくようになりました。

そうして、今回ご紹介した虫歯の削り方になったわけです。

是非お試しあれです。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 15:45 | Comment(0) | 歯の削り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

お知らせ:「祝200記事」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回で204記事目のブログとなります。


我ながら、よく続いているとおもいますし、それもこれもいつもお読みいただいている皆様のおかげと思っております

皆様、いつもありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

3月のアクセス結果はまだ出ておりませんが、2月のブログ「インターネット歯医者さん」のアクセス結果は、、

36685PV(延べ閲覧ページ数)/9294UU(延べ閲覧人数)

でした。2月は日にちが少ないにもかかわらずたくさんのアクセスをいただきました。

また、動画配信サイト「インターネット歯医者さん〜実践編〜」のアクセス数は直近30日で、

1440ページ/372セッション

でした。

二つ合わせると月に38125ページ、私の配信した情報が閲覧されているという事です。

これは凄い事ですよね。

もう感謝しかありません


動画配信も頑張っております。

現在動画数は230で、

YouTube動画視聴回数は、

12977回(チャンネル登録者数33人)

です。

なんと視聴回数が1万回を超えました

そして、メルマガ会員登録→メルマガ登録をされていらっしゃる方は、本当にありがたいことに

現在84人

となりました。

皆様、本当にありがとうございます


この度200記事を突破するにあたり、今までの記事を私自身も読み返してみました

ずいぶん色々な事を書いてきましたね。

読むだけで、歯科医師の皆様の腕が上がるように

そして、一般の方が歯科治療とはどんな事かわかるように

と思い書いてきました。

今回読み返してみて、ずいぶんそれらが達成されてきたなと自分ながらに恐縮ですが、確かに感じました

おそらく、現在の状態でも記事と動画をもしもすべて読んで・見ていただければ、

確実に腕が上がっておりますし、歯科に詳しくなっていると思います。

是非、他の記事も読んでいただけるとうれしく思います。

そして、まだまだ書きたい・伝えたい事がありますので、ブログや動画の更新はしていきます。

「インターネット歯医者さん」の目的は、皆様が最短・最速で、最低限‘私’になるためのコンテンツです。

そして、最低限‘私’ということは、その先生はプラス色々な経験をされていると思いますので、世の中に‘私以上’の歯科医師の先生方が増えるということです。

それは、私が歯科医師として、自分以上に患者さん、そして歯科会に貢献したことになると考えているのです。

それが私の目標です。

最低限‘私’、と簡単に言いましたが、このブログを読んでいただいている私の患者さんの手前、あえて言いますが、、

それほど簡単ではないと思います。

私自身、毎日のように臨床の場に立ち、今この時も腕を上げております。

なので、まだまだ書きたいことがあるのです。

ただ、今回記事を読み返してみて、明らかにこの「インターネット歯医者さん」というコンテンツを利用すれば、私自身の成長スピードを超えると感じました。

そうすると追いつきますよね。

是非今後とも御利用くださればと思います

宣伝:ブログ「インターネット歯医者さん」の記事の目次と動画が閲覧出来るようになる無料メルマガ登録はこちら→メルマガ登録


そして、200記事を突破した記念にもう少し、お話をさせて下さい。

現在、よく勝ち組・負け組などの評価がいわれる事があります。

私は、自分は勝ち組だとかいばるつもりもありませんし、成功の形は人それぞれだと思っていますが、どこの世界でも、歯科医師の世界でも少なからずあります。

それが昨今、顕著に表れてきたのかなと思います。格差が広がっているなどという言葉もニュースで見かけます。

なぜ同じ人間で、おそらく脳の機能も身体の機能もほぼ同じであるにもかかわらず、そのようなことになるのでしょうか?

何が違うのか?

実質的には、‘考え方’‘やり方’が違うわけで、インターネット歯医者さんの記事でよく出てくる「思考」→「行動」→「結果」ということなんですが、、

私は最近思うのですが、もっと根本的な事をいうと、それらを教えてくれる“誰に師事を受けたか”ということが大事なのではないかと思うようになりました。

私は、よくブログに出てきます理事長先生をはじめ、素晴らしい先生方に師事を受けてきたなと今回記事を読み返してあらためて思いました。

といいますか、受け売りか?と思うくらい私の臨床は師匠達の教えで出来ているんだなと感じました。

当たり前ですよね。そもそも初めから歯科治療が出来る人はいなく、まずは学校で習わなければいけません

そして、実際の臨床の場においても同じです。

人は皆、ほとんど習ったことで出来ていて、それに比べたらほんのちょっとオリジナルが入っているといった感じです。

なので、‘誰に師事したか?’というのはとっても大事だと思いました。

ひいては、師匠、メンター(導いてくれる人)ともいいますが、良い人との‘出会い’‘これぞ人生’というほど、その人に影響を及ぼしますわけです。

ただ、その師匠が良いか悪いかはあとになってわかることも多く、最初はわかりませんよね

私が師事を受けた師匠は間違いなく、素晴らしい先生でした。

なにせ、卒業して1年目の研修先をクビになり、2年目に務めた医院でもいじめられていた私を、3年目には分院長が出来るまでにさせた先生です。


その教えを皆様知りたくありませんか?


きっと役に立つと思います。

私も皆様に良い影響を与えられる人になりたいのです。

なぜなら私ももらったからです。当然、今度は与えなきゃですよね。

なので、

私が師匠から受け継いだもの

そしてそれらを実際使って歯医者をしてきた私の経験

‘より多くの人に還元’することを目的にこれからも記事や動画の更新を頑張ろうと思います。

そして伝えきれない事は、別のコンテンツを作ります。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

大事な事は、行間にあります。些細だと思っていたところにあります。

そして大事な事は反復しなければ身につきません

是非とも今までの記事も合わせてお読みいただけるとうれしいです。

ブログ「インターネット歯医者さん」の記事の目次と動画が閲覧出来るようになるメルマガ登録はこちらです。→メルマガ登録

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 16:14 | Comment(0) | その他・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。