スポンサーリンク

2015年12月31日

2015年度の「インターネット歯医者さん」の御報告とお礼

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今年度のご報告とお礼をお伝えしたく、パソコンを出してきました。

<今年度イメージ>

2015年イメージ

今年度のインターネット歯医者さんをお伝えする前に、去年の記事を見てみたいと思います。

2014年12月29日の記事

去年のお知らせ「(今年度を振り返り)」は記事数64記事目でしたね。

アクセス数は月に3000PV(延ページ数)/800UU(延人数)と書いてあります。

更新頻度を上げる写真の挿入が間に合わないかもといったことも書いてありました。

今年度確かに、ブログの更新頻度を上げる為に頑張りました

宣言通り、写真挿入が間に合わなかった点はありますが、

平均して週2回以上は維持出来たと思います。

おかげ様で、現在184記事目が書けています。12月のアクセス数はまだ出ていませんが、

11月のアクセス数をみると→「お知らせ11月アクセス結果」

ブログ「インターネット歯医者さん」は36648PV(延ペー数)/8755UU(延人数)

でした。

比較をすると

2014年12月 3000PV(延ページ数)/800UU(延人数)

から

2015年11月 36648PV(延ペー数)/8755UU(延人数)

となります。

なんと月のアクセス数が10倍になりました。

皆様本当にいつもお読みいただき誠にありがとうございます。


また、今年度のご報告として

動画配信サイト:インターネット歯医者さん〜実践編〜

を開設出来た事が何よりです。

<インターネット歯医者さん〜実践編〜>

インターネット歯医者さん〜実践編〜

こちらも現時点での過去30日のアクセス数が1046PV/458セッションとなっております。

動画本数は106本、動画視聴回数は2781回、チャンネル登録者数12人となっております。

動画は保護されており、メルマガ登録しないと見れないのですが、メルマガ会員数も現在45人となりました。→メルマガ登録

私の歯科医としての活動ですが、今年度に日本口腔インプラント学会の専修医を取得させていただきました。

<日本口腔インプラント学会専修医>

日本口腔インプラント学会専修医

勉強会にも多数出席しました。

<勉強会様子>

勉強会の様子

そして、最近の話ですが、医療情報サイト「ドクターズファイル」に紹介されました。「ドクターズファイル」

<ドクターズファイル実際の写真>

ドクターズファイル実際の写真

本八幡医院を辞めた事も、私の中では大きな変化でありました。→「自己紹介」


振り返ってみますと、色々なことににチャレンジし、変化のあった年であったなと思います。

来年はさらに頑張りたいと思います。


今年も皆様からのアクセスを励みに「インターネット歯医者さん」を書き続けることが出来ました。

心よりお礼申し上げます。

皆様のご多幸を祈り、本年の筆を置きたいと思います。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 09:51 | Comment(0) | その他・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

医療情報サイト「ドクターズファイル」に紹介されました

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


この度、医療情報サイト「ドクターズファイル」に紹介されました

<ドクターズファイル本>

ドクターズファイル本

<ドクターズファイルとは>

ドクターズファイルとは


今年(2015年)8月にインタビューを受けまして、当院や私がどのような心持ちで日々診療をしているかについて、私が熱くインタビューにお応えした内容がわかりやすくまとまっております。

<実際の掲載写真>

ドクターズファイル掲載写真

是非ご覧いただけると嬉しいです。
ドクターズファイル1ページ目

昔ブログ記事「大義名分をつくろう」でも書きましたが、当院の大義名分は‘メンタルケア’です。

ブログの内容は、組織を運営していくにあたり大義名分が必要であるといった趣旨でしたが、

そもそもなんでメンタルケアなの?

というのが今回ドクターズファイルの記事に載っています。

ドクターズファイル3ページ目

また、このブログ「インターネット歯医者さん」も紹介させていただきましたし、いつも私がお話している思考→行動→結果についてもインタビューでお伝えさせていただきました。

是非是非、御一読くださればと思います。

ドクターズファイル2ページ目

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 08:58 | Comment(0) | メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

補綴物除去2/10「銀の詰め物(インレー)を除去する方法」

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。
動画「インレー除去」

では「補綴物除去」の実際の臨床をお伝えしていきます。

あくまで、私のやり方ですが、たぶんどんな症例でも使えそうなやり方を御紹介致します。

たとえば、インレーの境目を削っていき、ドライバーで外すなどのやり方も存在しますが、私はあまりそういった方法をしません

そういった方法の利点としては、金属が一塊で取れるので、金属を保存出来る、上手く出来れば早いといった事が挙げられますが、

欠点として、健全歯質を削ってしまいやすい、ドライバーなどで力をかける際に少なからず歯に負担をかけます

ですので私は以下の方法で「インレー(銀の詰め物)除去」をします。

ポイントは‘イスムスを切りきる’ということです。

今回は動画撮影は終わっておりますので、そちらでも説明をしておりますので、是非ご覧下さると嬉しいです。

‘イスムスを切りきる’とはどういった事かと申しますと、まずイスムスとは下の写真の丸で囲った部分を言います。

<イスムス>

イスムス

イスムスとはインレー形成の窩洞が狭くなっている部分です。

切りきるとはこの部分を下の歯やセメントが完全に見えるまで削るということです。

<イスムスを切りきる。白いところが切りきっているところです。白いセメントが見えています>

イスムスを切りきる

この切りきる事が大事になります。

切りきったらば、インレー除去は成ったも同然です。

イスムスの部分を削っていき、下の歯が全て見えるようにしたら、

次は下の写真1のように下から上にかき上げるようにバーを動かしながら、写真2の方向に進めていきます。

<写真1:下から上にかき上げるようにバー動かす>

下から上にかき上げるようにバー動かす

<写真2:矢印の方向にバーを進めていく>

矢印の方向にバーを進めていく

すると向こう岸に到達する前にインレーの分離した方が外れてきます

<イスムスを切り、分離した部分のインレーが外れる>

イスムスを切り、分離した部分のインレーが外れる

あとはこれを繰り返していきます。

次は下の写真のイスムスの部分を切りきりましょう。

<次は丸で囲った部分のイスムスを切りきり、分離した部分をつくる>

丸で囲った部分のイスムスを切りきる


また下の矢印の方向に、バーを下からかき上げるように進めていきます。

<矢印の方向にバーを下からかき上げるように動かしながら進める>

矢印の方向にバーを下からかき上げるように動か

また分離した部分がとれます。

<分離した部分が外れる>

分離した部分が外れる

もうお分かりになられたかと思います。

残ったインレー部分を同じ方法でとっていきます。

大抵は、最後まで行く前にとれてきますが写真で順番にインレーが除去されていく様子をみてみて下さい。

<イスムスを切りきり分離した部分を作る>

イスムスを切りきり分離した部分を作る



<矢印の方向に下からかき上げるようにバーを動かしながら進め、分離した部分を除去する>



矢印の方向に下からかき上げるようにバーを動かす




インレー除去が完了しました。

<インレー除去完了>

インレー除去完了

この方法ですと、金属の保存が困難という欠点はありますが、健全歯を削るリスクはだいぶ少ないです。

金属より、健全歯質の方が大事ですよね。

また、

私はこの方法でとれないインレーは今のところないです。

是非お試しあれ、です。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 15:59 | Comment(0) | 補綴物除去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。