スポンサーリンク

2015年03月31日

補綴物調整6/9(咬合調整3)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:インターネット歯医者さん〜実践編〜の目次「患者さん」参照

前回の続きで、前回は咬合調整の大事な事は、補綴物を入れる前と後で患者さんの噛み合わせを変えない事であると書きました。

補綴物調整の基本的な考え方になるので、まだお読みでなかったらお読みくださればと思います。

今回はその続きです。もっと細かく確認したい場合は下の写真のようにする方法もあります。

<咬合紙を破り一歯、一歯咬合をみる>

咬合紙を破り一歯、一歯咬合をみる

補綴物を入れる前の噛み合わせも確認しておいた方がいいですね。

<補綴物を入れる前に咬合を確認>

補綴物を入れる前に咬合を確認

補綴物を入れる前に引き抜き試験をして、その抵抗を術者は感じ取ります。

赤い印記の位置を確認してもいいです。

<かぶせ物を入れる前の咬合状態を確認>

かぶせ物を入れる前の咬合状態を確認

これが補綴物を入れた後も、同じ引き抜き試験の抵抗、同じように印記されていればいいわけです。

<かぶせ物を入れた後の咬合状態を確認>

かぶせ物を入れた後の咬合状態を確認

ここまできてから、患者さんには「高さいかがですか?」と聞きましょう。

手前側の歯が‘すいている’状態、つまり引き抜き試験で咬合紙が引き抜ける状態であれば、それは高いです。

<手前側の歯で咬合確認>

手前側の歯で咬合確認

明らかに高いのに、何度もDr.「どうですか?」患者さん「高いです」とやるのは、私はカッコ悪く思えてしまいまして、

逆にそれまでどうですか?と聞かずに調整して、手前側がしっかりと噛んでから患者さんに「どうですか?」と聞くと、

「あっ、いいです」

といいます。この、「あっ」は、いつも詰め物を入れる時には何度もどうですか?って聞かれるのに、一発だった、この先生すごい、の「あっ」です。

私は魔法の咬合調整と自分で勝手に呼んでいます。

もちろん毎回この「あっ」があるわけではありませんが、格段に「どうですか?」と聞く回数は減ると思います。

是非お試しあれです。

次回はこの方法では、確かに高くなり過ぎることはなくなり、患者さんも違和感を感じにくいですね。では低くなり過ぎないのかという事を次回書いていきます。またそうならないための方法も書いていきます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【インターネット歯医者さんはここにいます】

月、火、金 → 水道橋クリスタル歯科

木、土 → 本八幡クリスタルミツル歯科

当医院はセラミック冠(オールセラミック、メタルボンド)が安いのも魅力です。

予約・相談フォームはこちら

是非私に会いに来てください。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 10:42 | Comment(0) | 補綴物調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

お知らせ(祝100記事)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。


今回で100記事目となります。

心よりお礼申し上げます。

さて、この3月は確定申告、新しい不動産の建築、勉強会での発表などがあり中々下書きをアップするのが精一杯で写真挿入が間に合っていませんでした。申し訳ありません。

先日、やっとこ写真を挿入致しましたので前回までのブログをお読みいただけると嬉しいです。

100記事目を記念しまして、勉強会発表の様子の写真をアップしようと思います。横顔ですが発表しているのが私です。

<私>

IMG_2120.JPG

感謝状をいただきました。

<感謝状>

IMG_2119.JPG


不動産の建築ですが、不動産投資はしばらくお休みしていたのですが、去年の11月から買付をはじめておりまして、12月本契約、今年1月に管理委託契約、この前金消決済が済み、3月25日建物完成、引き渡しの予定です。

なにげに進めていました。

これで所有不動産は二棟+一室で16部屋になります。今回は新築アパートの建売を購入しました。

よく営業電話のかかってくる新築区分マンションは、私個人的にはお勧め出来ませんが、中古物件が高騰している現在、新築アパートは面白いと思いました。

確かに、新築は業者が利益をのせているので、利回りは低いです。表面利回り8%位です。ただ、大事なのは利回りでしょうか?キャッシュフロー(色々差し引いたあと手元に残るお金)でしょうか?

みなさんキャッシュフローの方が大事だと思います。

さらにいうと、安定したプラスのキャッシュフローが大事ですよね。

安定したというのは、客付けがしやすい、返済額が少ない、修繕費が少ない、減価償却がとれるといったことがあがると思います。

ブログをお読みの皆様に感謝を込めまして、なぜならをお話ししますと、なぜなら新築アパートは融資が長く引ける、金利が低い、月々の返済額が低くなるので、収益に対する返済比率を低く抑えられます。また建物に10年保証がついてる(これは法律で決まっています)。修繕費がしばらくかからない。そして築浅なので客付がしやすいということです。

注意点は、販売業者が利回りで設定している家賃設定が高いことが多いので周辺相場はリサーチした方が良い思います。

こちらも満室経営を目指して頑張ります。

何処かで不動産投資のお話もブログに書けたらいいなと思っていましたので、この機会に書かせていただきました。

<建築中の写真>

IMG_2154.JPG

そして最後に重要なお知らせです。

以前、インプラント学会のケースプレゼンテーション試験に合格したお話を書きましたが、この試験はなんの為に受けたかと申しますとインプラント学会の専修医申請をする為でした。専修医の要件に学会のケースプレゼンテーションに合格していることという要件があるのですね。

そしてその申請をしていたのですが、この度

日本インプラント学会の専修医にありがたいことに合格しました。

<インプラント学会専修医合格通知>

IMG_2275.JPG

このことにより、学会の認定を受けているわけですから、いい加減なことはできませんね(もちろんいままでもしていないですが)。さらに安心・安全のインプラント治療を目指して頑張りたいとおもいます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

今回は、ずいぶん私のプライベートを公開して少しドキドキしていますが、100記事目ということで包み隠さず書きました。どこかで記事を削除するかもしれませんが・・・。その際はどうかご容赦くださいませ。


次回から咬合調整の続きを書いていきます。よろしくお願い致します。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 11:49 | Comment(0) | その他・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

補綴物調整5/9(咬合調整2)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:インターネット歯医者さん〜実践編〜の目次「患者さん」参照

今回より、実際の咬合調整について書いていきます。

まずは咬合紙というものを使用します。

<咬合紙>

咬合紙

青い咬合紙もありますが、今回は使わない想定でいきます。

この赤い咬合紙は歯科医師は使う頻度はとても多いです。まずは、赤い咬合紙でいけるところまで使いこなせるという事には意味があると思います。

では

この咬合紙を下の写真のように口の中に入れて噛んでもらいます。

<挟んで噛んでもらいます>

咬合紙挟んで噛んでもらいます

よく患者さんとして歯科医院にいくと、赤い紙噛んで、噛んだ後ギリギリ歯ぎしりしてと言われますが、あれです。

なのでギリギリもしてもらいましょう。


すると下の写真のように咬合紙の印記がなされます。

<噛んでいるところに赤い印がつきます>

咬合紙の噛んでいるところに赤い印

これだけをみて、咬合のストーリーが頭に浮かぶ方はいいですが、たいていはこれだけだとなんだかよくわからないと思います。

上の写真をよーく見ると、赤い印記の中に白い点があるのがわかると思います。

<赤い印記の中に白い点>

赤い印記の中に白い点

これは‘ホワイトスポット’と言われるもので噛んだ時強く当たり過ぎている。つまり患者さんが噛んだ時最初に当たるところ、高く感じるところがこのように印記されます。

ホワイトスポットは強くあたり過ぎているので、当然のように削ります。

では、ホワイトスポット以外の赤く印されているところは、普通に当たっていますが、これが高いかつまり削らなければならないのかは次の事で調べます。

ここが大事なので、注目なのですが、一つ手前の歯に咬合紙を移動して噛ませたままにします。

<補綴物の位置>

補綴物の位置

<補綴物より一つ手前の位置>

補綴物より一つ手前の位置

患者さんには噛んでもらったままにしてもらいながら、横に引き抜こうと引っ張っぱります。

<引き抜き試験>

引き抜き試験

引き抜ける場合は、補綴物が高く、手前側の歯がちゃんと噛んでいない状態ですから、補綴物の赤いところは全て削ります。

削るのはカーボランダムポイントです。


手前側の歯が噛み合うまでこれを続けます。

要は、補綴物を入れる前の噛み合わせと入れた後での噛み合わせが一緒になるように合わせるのです。

よく補綴物を入れる歯の反対側が噛んでいるかどうかを調べる事がありますが、反対側が噛んでいても、補綴物の一つ手前の歯は噛んでいないことが多いので、私のお勧めは隣の歯がちゃんと噛んでいるかをみた方がいいと思います。


咬合紙を少し手前に移動させて「噛んだままいて下さい」と声かけしてから、横に引き抜き試験をするだけです。

この方法はとても注目に値します。次回もっと細かく書いていきますし、なぜ良いのかについても書いていきます。是非お試しあれです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 17:34 | Comment(0) | 補綴物調整 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。