スポンサーリンク

2015年02月06日

咬合採得1/2(方法)



この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:インターネット歯医者さん〜実践編〜目次「患者さん」参照

前回までは印象についてお話していきました。→「連合印象6

ただ、印象つまり型をとっただけでは、詰め物(インレー)や被せ物(FMC)は作れません。

つまり歯は咬むものですので、どのように咬ませるかわからないと詰め物や被せ物は作れないわけです。

その‘どのように’咬ませるかというのを型にとる事を「咬合採得」と言います。

まずは教科書的な事をお伝えします。

ユニットを起こし、座位で座った状態で咬む位置、をドクターが確認します。

<ユニットを起こす>

ユニットを起こす

<座位>

座位

<噛む位置確認>

噛む位置確認


そして、 パラフィンワックス(下写真)を熱して柔らかくしておきます。

<パラフィンワックス>

パラフィンワックス

一度口を開けていただき、柔らかくしたパラフィンワックスを歯の咬む面(咬合面といいます)にのせ、先程確認した噛み合わせまで噛んでいただきます。

<パラフィンワックスをはさんで噛んでもらう>

パラフィンワックスをはさんで噛んでもらう

パラフィンワックスは柔らかくなっているので、ガムを咬むように患者さんは歯と歯が接するまで咬むことができます。

<歯と歯が接するまで噛む>

歯と歯が接するまで噛む

患者さんに噛んでもらった後、最初に確認した噛み合わせの状態になっているのを確認したら、風をかけて冷やします。

パラフィンワックスが固まったらはずして、終わりです。

<咬合採得完了>

咬合採得完了

咬合採得出来ました。

と教科書はありますが、中々実際にやると難しい場合もあります。

次回は咬合採得の失敗例を例にあげて咬合採得について掘り下げてお話していきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての一般歯科動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

無料メルマガの説明動画はこちら

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 10:49 | Comment(0) | 咬合採得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

お知らせ(H27年1月のアクセス結果)



この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

1月より週1回だった更新頻度を週2.3回にしています。

1月のアクセス結果はは延1725人、延7221ページビューでした。

先月の去年12月に比べて、2倍以上のアクセスとなっております。

読んで下さっている皆様本当にありがとうございます。

こちらを受けまして、2月もこの更新頻度を続けたいと思います。

これからも頑張りますので、よろしくお願い致します。

前回題「連合印象」が完結しております。→「連合印象7

<印象剤の粉 水 ヘラ>

印象剤の粉 水 ヘラ

では次回より「咬合採得」について書いていきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての一般歯科動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

無料メルマガの説明動画はこちら

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 22:39 | Comment(0) | その他・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

連合印象7/7(当医院の圧接時間)



この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:インターネット歯医者さん〜実践編〜目次「患者さん」参照

前回、アルジネートの圧接時間は短い方がいいのか、長い方がいいのか?で、長い方がまだ良いといった話をしました。→「連合印象6

1、2分長く圧接していても、口腔内のように湿潤状態であれば離水の影響はほとんどない。ということを書きました。

今回は具体的な印象の圧接時間についてお伝えしたいと思います。

そこで、当院のアルジネート(商品名アレグレス)の硬化時間を思い出しましょう。

<アレグレス 使用法>

アレグレス 使用法

作業時間30秒、口腔内保持時間(口腔内圧接時間)1分30秒から2分です。

合計2分30秒から3分です。

当院は温度を一定にする為に、冷蔵庫の冷たい水を使用しますので、アルジネートの硬化時間は長くなることが考えられます。

当院の寒天・アルジネート印象の合計時間は作業時間30秒、口腔内保持時間(口腔内圧接時間)は3分。

計3分30秒になるわけです。

水の温度が冷たいことを考慮すると、色々試しましたがこの時間が最適でした。

このシステムにしてから、補綴物の適合は、誰が型をとっても良くなりました。是非お試しいただければと思います。


これで「連合印象」についてはおしまいです。次回から「咬合採得」について書いていきます。


ここまでお読みいただきありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての一般歯科動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

無料メルマガの説明動画はこちら

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 21:51 | Comment(0) | 印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。