スポンサーリンク

2014年08月25日

麻酔抜髄3/10(麻酔)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:インターネット歯医者さん〜実践編〜目次「患者さん」参照


前回、麻酔抜髄のステップについてお話しまして、今回はステップ1.麻酔についてお話したいと思います。

なおここから麻酔抜髄を略して麻抜と言い換えます。

麻酔の基本操作については、痛くない麻酔をお読みいただければと思います。

「痛くない麻酔」は基本編となりまして、麻抜が必要な症例は痛みが強過ぎて、通常の麻酔では効かない事があります。

そんな時はどうしましょうか?

伝達麻酔?歯根膜注射?
などが歯科医師であれば、頭をよぎると思います。

私ももちろん伝達麻酔は最終的にする時もありますし、

まずは、通常麻酔で効かなかった場合は、歯根膜注射をします。

下に伝達麻酔と歯根膜注射の図を載せます。

<伝達麻酔>

伝達麻酔

<歯根膜注射>

歯根膜注射


まあ、まずは歯根膜注射ですね。これで大抵効きます。

しかし、こんな事はご存知でしょうか?

麻酔の中級編になりますが、‘骨孔’を見つけるのです。

私は卒業1年目の時に口腔外科にいました。(「貧乏だったころ」、「左利き歯医者」、「自己紹介」参照)

そこは野戦病院のようなところで、連日、痛い痛いと言っている患者さんで溢れていました。

そんな環境の中、教科書に載っていない事で、麻酔で学んだ事が二つあります。

それは、

1.痛みを感じさせるな。閾値が下がってどんどん麻酔が効かなくなるぞ

ということと、

2.骨孔に打て

の二つです。

まず、痛みを感じるのは神経ですが、神経の特性としてある一定の刺激までは反応せず、ある一定以上の刺激に対して反応します。

そのある一定の刺激というのを閾値と呼びます。

閾値以下の刺激には反応しません。閾値以上の刺激に対して反応します。

これを全か無かの法則と言いますが、神経細胞とはそういった性質を持っています。

つまり、閾値が高ければ鈍感。閾値が低ければ敏感。となります。

麻抜を要する場合は、歯に触っただけで痛いという敏感さになります。

つまり閾値が下がっているのですね。

神経は刺激を与えるとさらに敏感になる性質もあります。これを神経が亢進するという言い方をします。

なのでさらに痛みを与えると、ますます閾値が下がります。

ですから、出来るだけ麻酔は一発で決めるべきなのです。

大抵は通常麻酔を打って→削ってみて痛い、なのでまた麻酔を打って→まだ痛い、となったら

途端に麻酔を効かすのが難しくなります。

そして、患者さんの苦痛と不信感は増します。

なので、麻酔失敗は一回からニ回までにした方がいいと思います。

私は覚えている範囲でここ数年で、二回以上麻酔失敗はないと思います。

では実際の私の麻酔をご紹介します。

まず麻酔を打って、削り始めて麻酔が効いていなかったらこれで麻酔失敗一回です。

次はなるべく失敗したくないですね。

ここで私は歯根膜注射を行います。

<歯根膜注射>

歯根膜注射

ここまでは通常だと思いますが、ここから少し特殊じゃないかなと思うのです。

まず次削り始めて、また痛いとなったら事なので、

歯根膜注射後に、探針でう窩をゆっくりグゥっと刺してみます。痛みを感じなければそれで削り始めますが、少しでも患者さんが感じる場合は、

骨孔に打ちます。

骨孔とは骨にポツポツあいている穴です。

<骨孔>

骨孔

時々、麻酔の針の刺入角度を90度近くで刺した時、骨に当たった後ズブズブっと入る時はありませんか?

あれは、たまたま骨孔に針が当たり、そのまま骨の中にズブズブっと針が入った状態なのです。

骨の中に針が入っているため、そのまま麻酔液を注入すれば、ガンガンに効きます。

ただ、骨の中に針を入れますので、ばい菌などが入らないように、そして、針の先も鋭端な方がいいので、やるのは出来れば針を変えて、述野を消毒してからがいいと思います。

でもとても効果がありますので、麻酔が効きづらい時はぜひ試してみてください。


そして、麻酔は必ず効かせなければなりません。なぜなら、麻酔が効いていないと処置ができないからです。

そして、処置ができないと患者さんは今日も眠れない夜を過ごすことになるのです。

ですから、何が何でも効かせなければなりません。

しかも、たくさん患者さんが待っている中麻抜じたいにも時間がかかるわけですから、

速やかに確実に、麻酔を効かせる必要があります。やらねばなりません。

やり方は、上記に書きました。

骨孔への打ち方は、麻酔針の刺入角度を90度にし、ゆっくり刺していきます。そのまま、骨に当たったら少しだけ力を入れて押します。入っていけば、当たりです。入らなければ何度か繰り返します。

だめなら、伝達麻酔にしますが、上記のCT画像を見ていただくとわかるように、骨孔はたくさんあります。

結構な確率で入ります。麻酔が効かない時は是非お試しあれです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
タグ:麻酔 骨孔

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 16:54 | Comment(0) | 麻酔抜髄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

衛生士さん募集について

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

突然ですが、本日は求人をこちらのブログで行いたいと思います。

細を下記に書きます。

衛生士さん募集

勤務地は

水道橋クリスタル歯科本八幡クリスタルミツル歯科、どちらも出来る方

当院の希望曜日は、水曜日クリスタル歯科、木曜日・土曜日・日曜日はクリスタルミツル歯科です。


上記のうち1日だけでも御相談にのりますし、4日全部でもOKです。

もう1日増やして、週5日の正社員希望もOKです。(正社員の条件は週5日のうち土日勤務が含まれる事が条件ですが、出来る出来ないや臨床年数など他に条件はございません。)


因みに私は色々な歯科医院を見てきましたが、給料体系や福利厚生、職場の雰囲気に関して、現法人程条件のいい職場は今のところなかったです。

歯科業界の優良企業ではないかと思います。

なので、衛生士さんも長く勤めている方が多く、今回久しぶりに衛生士さんの枠が出ました。法人の内容を知っている私としては、これはいい案件ではないかなと思います。

また、上記の希望曜日のうち、日曜日以外の水曜日クリスタル歯科、木曜日・土曜日クリスタルミツル歯科は私が診療している日です。

責任を持って私がフォロー致しますので、是非ご希望いただける際は御連絡下さい。


時給平日1600円、土日1800円、臨時

(誰か休んだ時に代わりに出てもらう場合)2000円

正社員は月30万円です。


診療時間や場所、電話番号は各医院のホームページを御参考下さい。

御連絡は医院に直接お電話頂いても構いませんし、こちらの私のメールアドレスにメールして頂いてもOKです。

募集人数は各々の曜日に1人となっております。募集枠が埋まってしまった時点で募集を締め切る事になり、こちらのブログも削除致します。ブログがあるうちは何処かの曜日は空いております。

お電話・メール共にドクター小栗のブログを見た旨をお伝え下さい。

御連絡お持ちしております。

医院ホームページ
ドクター小栗メールアドレス
クリスタル歯科
本八幡クリスタルミツル歯科

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 14:17 | Comment(0) | その他・お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

麻酔抜髄2/10(ステップ)

こんにちは、水道橋クリスタル歯科院長・歯科医師・歯学博士・大学病院保存科非常勤講師・インプラント学会専修医の小栗卓也です。

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

今回は動画もあります。是非ご覧くださいませ。メルマガ登録(無料・解除可能)するとパスワードが発行・返信され、保護中のページに入力すると見れるようになります。
動画:「麻酔抜髄」

前回の続きで、急患を想定して麻酔抜髄について、お話していきたいと思います。

麻酔抜髄のステップは以下になります。

1.麻酔

2. 穿通

3. 虫歯と天蓋の除去

4. 根管孔明示

5. 根管拡大

6. 洗浄・貼薬・仮封

7. 処置後の注意事項説明と鎮痛剤投薬


となります。

また長くなりそうです・・

しかし、麻酔抜髄は患者さんが最も感謝してくれる処置の一つです。

なぜなら、昨日まで死ぬほど痛かった苦痛がなくなるわけです。

感謝される事請け合いです

次回より、ステップ1.麻酔からお話していきたいと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

タグ:急患 歯科 抜髄

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

日本ブログ村PV(ページビュー:読まれているページ数)ランキング1位「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 14:36 | Comment(0) | 麻酔抜髄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。