スポンサーリンク

2022年10月27日

(祝)メルマガ会員様1500人突破

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

2015年から始めました。無料メールマガジン「インターネット歯医者さん★メルマガ!★」がこの度会員数1500人を突破しました(祝)

大変嬉しいです。皆様ありがとうございます。

<現在のメルマガ登録者数>

IMG_8972.PNG

メルマガに御登録されると、自動返信としまして"パスワード"というものが発行され、"インターネット歯医者さん活用ガイド"と共にメールで送られてされます。

もしもメルマガ登録をしたのに、返信がないなどありましたら、今までの傾向から、

御登録のメールアドレスに誤りがあるか、迷惑メールに入ってしまっているかだと思いますのでご確認いただければと思います。

不明点がありましたら下記までなんなりとお知らせ下さい。

インターネット歯医者さん窓口→dent.marron1006@gmail.com


この"パスワード"はとても重要でして、インターネット歯医者さん〜実践編〜の全てのページを開けるようになります。

<インターネット歯医者さん〜実践編〜>

IMG_6212.JPG

つまりYouTubeに上げている動画の全てが見れるようになります。

<全ての治療手技動画>

IMG_8974.PNG

YouTubeには"限定公開"設定というものがありまして、限定公開としている動画は特殊なページ(インターネット歯医者さん〜実践編〜の保護中と書いてあるページ)をパスワードを入れて開かないと見れないようになっているのです。

<インターネット歯医者さん〜実践編〜の保護中ページ>

IMG_8977.PNG

私は治療手技をステップに分けて行なったり、説明をしたりしますので、YouTubeの動画に〇/〇〇と番号がついている事が多いのですが、

<動画に番号が振ってある>

IMG_8975.PNG

最初の半分を公開、最後の半分を限定公開と設定していたりします。

そして、当然ですがステップの最後の方の動画のほうがより重要になっていきます。

<最後の方が重要>


IMG_8976.PNG

YouTubeのみをご視聴いただいている方におきましては続きを見たいけれどもYouTube内のどこをを探しても見つからないといった事があるかと思います。

<探しても見つからない>

eec62be9851c6c98c545f9c372f71858_t.jpg

つまり続きはどこにあるのか?というと、インターネット歯医者さん〜実践編〜の保護中と書いてあるページにあり、そこからしかご視聴出来ないようになっているということです。

<続きはここにある。保護中ページ>

IMG_8977.PNG

そしてそのページを開けるのに必要なのがメルマガ登録時に発行される"パスワード"となるわけです。

<パスワード大事>

watermark.png

他、メルマガには週1〜月1ほど私からメールが来るのですが、そこにはブログ編集や新しい手技動画更新のお知らせや解説などがメルマガ会員様限定で送られてきます。

その中には、メルマガ会員様限定の情報として、有料級の情報やお知らせなど、つまりインターネット歯医者さんで行なっている活動の全てをお伝えしております。

こちらも全部ではありませんがメルマガバックナンバーとしてインターネット歯医者さん〜実践編〜に今までのメールマガジンが掲載されていますので是非お読みいただければ嬉しいです。

<パスワード以外の情報も満載>

images-ac561-thumbnail2.jpg

メルマガ登録は現在は永年無料となっております。

<オレンジメールというメルマガスタンドを使っております>

IMG_8973.PNG

✴︎私のメールマガジンには2000人までしか入らない為、あと500人前後は大丈夫です。その先はまだ決めておりません。ただこの文言がある限りは無料登録できますのでご安心下さい。

私はメルマガ会員の先生方を大切に大切に考えています

是非、皆様からのご登録をこれからもお待ちしております。

無料メルマガ登録はこちら

よろしくお願い致します。

ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。




インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 10:37 | Comment(0) | 歯の削り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月17日

オンラインGIFT塾開校

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

※この記事は2022年2月17日に書かれたものです。現在は、メールマガジンのみの募集となっている為、メルマガ会員の方しかお申込みは出来ないようになっております。

2021年8月12日より、「オンラインGIFT塾」なるものを開校致しました。昨年はブログの更新も出来ない程、このオンラインGIFT塾の教材作りに邁進しておりました。

<オンラインGIFT塾>

IMG_6588.JPG

こちらは、2018年から当院で行なっている、実際に当院で私と一緒に診療する事で臨床を学ぼうという主旨の"GIFT塾"を当院にいらっしゃらなくても学べるようにオンライン化した教材です。

<メールマガジンではすでに募集を行なっています>

images.jpg

※このような限定情報の欲しい方はメルマガ登録(無料)をメルマガ登録はこちら

現在メールマガジンにて、

第1回募集2021.8.12〜18
第2回募集2021.9.23〜30
第3回募集2022.2.1〜7

まで3回の募集が終わりました。現在メルマガ会員様からの先行募集は終了しておりますが、

本日よりブログからはしばらく募集を行おうと思います。

下記のリンク先から登録が出来ますので、ブログからご希望の先生方はこちらからお申し込み下さい。

■オンラインGIFT塾紹介ページ

■オンラインGIFT塾登録ページ

まずは"オンラインGIFT塾紹介ページ"オンラインGIFT塾とはなんなのかという事が書かれておりますので、そちらをお読みいただき、

入塾したいなと思われましたらば、"オンラインGIFT塾登録ページ"にお進み下さい。

<ご感想集>

IMG_6585.JPG

現在オンラインGIFT塾に御入塾されている先生方からご感想が届いておりますので、そちらもご参考下さい。

■オンラインGIFT塾入塾生ご感想

宣伝動画も作りましたので、こちらもわかりやすいかと思います。

<オンラインGIFT塾宣伝動画>


IMG_6586.JPG

■オンラインGIFT塾宣伝動画

登録すると毎日私からメールともに歯科臨床に関しての動画が届きます

動画は毎日違うテーマにて、2分〜20分位とコンパクトにまとめられているのですが1つ1つにブログ1記事分位の内容があります。

<毎日の動画配信>

og1-768x1024.jpg

インターネット歯医者さんではいつも注力している事ですが

おそらく教科書にはあまり載っていない実際に臨床を長く経験してはじめてわかるような内容となっておりまして、それが毎日毎日自動で1日目、2日目、、、と届き、

視聴する事で自然と歯科医師としての腕が上がるよう工夫致しました

是非お試しいただければ嬉しいです。

■オンラインGIFT塾紹介ページ

■オンラインGIFT塾登録ページ


例えば、そんな腕が自然と上がるなんてなんでわかるの?と思われるかもしれませんがそれには根拠があります

それは、2018年から当院で行なっているオンラインGIFT塾の前身であるGIFT塾にて実際に歯科医師の先生へお伝えして目覚ましい進歩を遂げた姿を目の当たりにしているからです。

<前身のGIFT塾>

IMG_2962.JPG

実際のGIFT塾をご経験された先生方からのお声も届いているのでご紹介致します。(下記のリンクから読めます)

■GIFT塾卒業生からの推薦文

皆様大層立派になっていかれました

オンラインGIFT塾の内容は、前身のGIFT塾でお伝えした内容から皆様のつまづきやすいところなど、実際に先生方と臨床を共にしてGIFT塾生がいたからこそ気づけた事も全てが折り込まれており、まとめられております

<実際に臨床を経験しないと大切さがわからない事がまとめられている>


IMG_6592.JPG

より洗練された資料となったのがこのオンラインGIFT塾だと確信しております。

我ながらインターネット歯医者さんの集大成のような資料が作れたと思っておりまして、現在半年以上が経過しておりますが、95%以上の先生方が継続されております。

是非、お試しあれです。

■オンラインGIFT塾紹介ページ

■オンラインGIFT塾登録ページ


ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。

インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 07:19 | Comment(0) | オンラインGIFT塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月16日

プレミアムファイルvo.7「ポジショニング全集」

この度もブログ「インターネット歯医者さん」をお読みいただき誠にありがとうございます。

心よりお礼申し上げます。

おくらばせながらのご報告でありますが、2021年3月21日より、現在最新作であるプレミアムファイルvo.7「ポジショニング全集」が発売されております。

■プレミアムファイルポジショニング全集紹介ページ(パスワード:dent1234)

<ポジショニング全集>

pf7_1.jpg

一概にポジショニングといっても、いろいろなポジショニングがありますが、このファイルには私の考えうる全ての歯科治療を行なう際のポジショニングがまとめてあります。

タービンの時だけでなく、咬合調整の時やミラーテクニック、根管治療、補綴物のセットの際などなど、とにかく考えつく限り全てを書きまして、そこからの応用も可能となる内容です。

歯科治療の際、自身がどんな格好で治療を行なっているか考えたことはありますでしょうか?

普段意識しない事が多いのですが、臨床経験を積んでいけば行くほど、それは洗練されたものになります。

おこがましい気もしますが、私自身も歯科医師になって14年、ほぼ毎日診療を行なってきました。

毎日、毎日、患者さんのお口の中を治療する際に、こうした方がやりやすいなここは舌がくるから、このように抑えた方が良いな、と診療してきた訳です。

そして、思うことは歯科治療時に必要な事は手先の器用さだけではなく治療する際の'場の作り方'と感じます。

それは右手や左手の入れ方、体の位置、ミラーの使い方、レストの位置など、多岐に渡ります

それらを総称して''ポジショニング"と呼んでおり、このプレミアムファイルにまとめました。

歯科治療は、狭いお口の中で正確な動きを行わなければなりません

手先の器用さがかなり必要と考えられますが、それだけではなく、狭いところで正確な治療をするためには、その為の''場の作り方"、つまりポジショニングが重要となってくるのです。

例えば、まったくポジショニングを必要としていない机上の上であれば、手先の器用さで差が出るかもしれませんが

お口の中ではそうはいきません。

場が作れていない状態で器用な人がやった処置と場が作れている状態で不器用な人がやった処置では、狭いお口の中ややりづらい箇所になればなるほど、場が作れるというアドバンテージが増えます

そして、器用な人も場が作れればもっと素晴らしい処置が可能となるのです。

いわば、全ての臨床家の腕を底上げしてくれるのが、この“ポジショニング"です。

<ポジショニング大事>

pf7_2.jpg

しかし、そのポジショニングを会得することは、自力ではかなりの時間を要します

スポーツで言うとフォームのようなものですが、いくら才能のあるスポーツ選手でも、誰にも教えて貰わない状態で理想のフォームを身につけるには、かなりの年数が必要なのではないでしょうか?

なので、トレーナーやコーチがいるわけです。

客観的に見て、フォームの修正や練習メニューを決めていく事で、効率的に技術を向上させるわけです。

私もそんなトレーナーやコーチのような事が出来ないかと考えながら、今回の「ポジショニング全集」を作りました。

スポーツもそうですが、一概にフォームといっても様々な場面で使えるものでなければなりませんね。野球に例えますと、飛んでくる玉のスピードも方向も毎回違うわけです。

歯科においても一概にポジショニングといっても、お口の大きさも様々、行う処置によっても様々です。

それらに対応していくには、実は長い年月がかかります。

私は現在臨床経験14年ですが、研修医が終わってから1日30〜50人を毎日、毎日診療していて、いうなればこれまで14年かかっているのです。

今までもポジショニングについて、ブログや実践編の動画でお伝えしてきましたが、それだけでは足りないと感じポジショニングだけを突き詰めた資料を作ろうと考えました。

今回のプレミアムファイルvol.7「ポジショニング全集」には、私のその臨床経験の全てが込められております

少し、こちらのプレミアムファイルにしか載っていない情報を抜粋をしましょう

例えば咬合調整の際、私は下の写真のように、咬合紙とミラーを二本一緒に持ちます


@<二本持ち>

pf7_3.jpg

噛んでもらったあと、下の写真のように持ち替えて、咬合紙印記をするのですが、


A<持ち替え>

pf7_4.jpg




B<噛んでもらって咬合印記>→@に戻る

pf7_5.jpg

このようにすると、毎回咬合紙ホルダーをトレーに置かなくて済むので、ポジショニングを変えず一定のまま行えるので足腰に負担がかかりませんし時間の短縮になります。

実は私は、この方法に自力でたどり着くのに、5.6年はゆうに経過しております。

しかし、このファイルを読めば一発で会得出来るわけです。

このプレミアムファイルには、このような事が満載で入っております

なんとワード文書で131ページ、動画数74個と今までのプレミアムファイルで最大のボリュームとなっております。

例えば上記の二本持ちの例ですが、では、右下の時は?1人でやる時は?など疑問が湧いてくるのですが、ご安心下さい

それら全てもファイリングされております。

因みに、右下の咬合調整時は下の写真から始めます。咬合調整した後、右手でタービンを持ったまま、咬合しホルダーを右手で引き抜き、咬合印記します。(※実際のプレミアムファイル資料では、写真と動画で説明しております。)

<右下咬合調整時>

pf7_6-300x225.jpg

1人でやる時も、アシスタントがいない場合のポジショニングとしてまとめてあります。

<アシスタントなしポジショニング>

pf7_7.jpg

このように細かく細かく、様々なポジショニングについてファイリングしてあります。


上記の例を鑑みましても、知っているか、知っていないかの話なので、きっと誰でも出来、かつ効率的に臨床の腕を上げられる資料ではないかと自分では思っております。


正直、私ももっと早く知りたかったという内容が満載です。

しかし、だからこそそういった資料が作れて良かったとも思っております。

このファイルを会得すれば、ポジショニングは私と同じになります。

是非お試しいただければ、嬉しいです。

皆様の臨床の一助になることを願っております。

■プレミアムファイルポジショニング全集紹介ページ(パスワード:dent1234)


ここまでお読みいただき誠にありがとうございました。


インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆のお知らせ〜

ブログの目次や全ての動画が見れるなど特典がありますので、ご登録がまだのお方はどうぞ下記のフォームからご登録いただけると嬉しいです。無料です。

「インターネット歯医者さん」無料メルマガ登録はこちら→「インターネット歯医者さん☆メルマガ!☆」

posted by さけいくら at 13:30 | Comment(0) | プレミアムファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク

動画やブログの文章などは、私のオリジナルですので、著作権保護されております。無断での複製や引用はお控え下さい。よろしくお願い致します。